Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 18日

  花一輪  

 
d0007653_0113581.jpg
今年は雪が降り捲くりましたし、三寒四温なんてまだ先の話に違いない。
そんなつもりで有名な句
    花一輪一輪ほどの暖かさ
の花びらを探すつもりで小田原城に出掛けた。
こんな梅の一輪(⇧ ⇧)ぐらいは咲いているだろう程度の散歩、城内は梅の名所なのです。

「アンタ、オイラ達のパワーを低く見過ぎていね~かい」の梅の木の生命力でした。
寒い冬だと思っておりましたので遅れているんじゃあないかな~の開化、そんなの心配無用でして、満開を通り越してもう散り始めた花びらまであるじゃあないですか。
開花要因は気温よりも日照時間の方が大きいんですね~。

「どうだ~、恐れ入ったか~」みたいな咲き方の桜よりも、凛々しさとか、あるいはヒッソリ感、遠慮がちに、気付くと咲いている梅、何故か清々しい気持ちにさせてくれる。
美しいと感じた桜は、長崎・大村市で見たコイツと、芝生の広場を囲む砧公園の群落ぐらい。
梅には寒さの中、ひっそりと春を告げる心意気に惚れるのでしょうか?
桜は毛虫の巣窟となる花の季節の次を想像するからでしょうか?
d0007653_011541.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-02-18 10:21 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   徘 徊 魚        具合がいいですよ~ >>