Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 18日

  やっぱり果物の王様だ~

まだ青みの残る天辺のヘタ、単なる飾りに過ぎませんが、巨大な干し柿だということは一目瞭然ですね。
柿の産地、奈良県五條市・西吉野のお菓子処『いしい』のパウンドケーキ、甘味の主役は干し柿ジャムです。
半端じゃないシットリ感の中に、柿の甘味がほのかににじんで、甘すぎない上品さを演出しております。
ガブリ、ムシャムシャとは食えない上品な味、癖になりそうな美味しさです。
d0007653_10233853.jpg
昨今の干し柿は結構じゃけんにされている。
たわわに実る柿の木が庭にあるのに、剥く手間、吊るす手間が面倒くさいのでしょう。
放りっぱなしになっていて野鳥の喰うに任せているし、鮮やかな柿色で覆われた木も田畑の畦道などでよく見かけます。
「アイツ一本の権利だけを買うことは出来ないものか・・・・・」と思いますもの。
新宿高野とか千疋屋などの店頭には夏場でも生柿が並ぶ様になっている。
d0007653_1117393.jpg日本人が伝え、栽培に尽力したニュージーランド産の柿、高価ですけど、望めば一年中柿が食えるなんて、柿を〝果物の王様”だと思う柿好きには、応えられない世の中になりました。
夏柿の購入、まだ一度も無いけど・・・・・。

柿の産地・吉野の里のお土産、オイラが柿好きだって~ことを覚えていてくれたのでしょう。
美味しさの引き立て役にはこの感情も混ざっているのでしょうが、兎に角美味しい。
全国の観光土産審査会で優勝したお菓子だと言う訳じゃあ御座いません。
でも、『第二位』だってところがいいね。
主役にはなりたがらないのが柿だもの。
[PR]

by molamola-manbow | 2015-03-18 10:59 | 酒・宴会・料理


<<   間もなく春分        叔母と姪 >>