Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 15日

HINANOの里帰りクルーズ その13

予定通り13日に清水港を出港し、同日下田に入港しました。

出時刻は当初予定とは少々ズレましたが07:00時台には、たった3枚で『お世話になりました』を表す『U W 1』旗をマストに掲げ、出立です。

世界遺産三保の松原の突先近くからバウを伊豆半島の先端へ。
風も西に変わって、ジブを上げた。
清水までは機帆走、それが風だけで世界を回れる乗り物へと即座に変わった。
風力10の多分上。
台風の置き土産、大きなうねりはまだ色濃く残り、それに風波も加わった。
ジブセイルだけで7.8ノットまで船足はあがっていった。

その時です。ジブセイルのハリヤードが切れたのは。


d0007653_7161059.jpgd0007653_7162243.jpg


何の前触れもなく、引きちぎられる音もなく、巨大な前帆が暴れ始めたのです。
長らくHINANOを楽しんだ東の峰島、岡元スキッパーの片腕・船端の東西のボースンは機敏でしたね。
機首を風上に立てるいと間もあらばこそ。
前に走って全身で暴れる帆を押さえ、事無きを得た。
d0007653_7182570.jpg

駿河湾のど真ん中での出来事、そこからの機走は辛かった。

伊豆半島の西海岸、波勝崎辺りまではシャワー、シャワー、またシャワーです。
次第に風は収まって、三角波の名所、石廊崎越えの方が苦痛では無かったほど揺さぶられた。
下田は黒船祭の前日とは思えないほど静かでした。
ポンツーンには西伊豆・安良里からKENNOSUKE CUPに参戦する二本マストのケッチ艇『Adriano』。
ジブハリヤードの修理時間は06:15分からの30分弱。

レース前日の会場入りになるとは、予想もしませんでしたが、レースでのアクシデントを避けてくれた事に感謝!、
と前向きに考えねば!!
[PR]

by molamola-manbow | 2015-05-15 07:18 | ヨット


<< HINANOの里帰りクルーズ ...      HINANOの里帰りクルーズ ... >>