Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 16日

HINANOの里帰りクルーズ その14

CUP前日の15日、HINANOは午後3時ジャストにレース海域の三崎半島突端の三崎港に入りました。

d0007653_7284313.jpg6年ぶりの関東の海、そして林賢之輔デザイナーの手になる艇と、その林艇をNO1だと思うオーナー、クルーとの再会です。

皆さん結構、素っ気ない態度で出迎えてくれましたけど、「オオッ、HINANOじゃあね~か」とか、「今まで。何処をうろついでいやがった」などとのたまい、もやいをとってからは来客、冷やかし、真面目な来訪・・・・。
林艇の同輩が相次いで訪れました。

’96年3月にニュージーランドの北島オークランドで進水したHINANOは、東京湾口の千葉・富浦を本拠地に関東の海で育つて行く。
長崎・大村湾に嫁入りするのは6年前。
今回の里帰り同様に、嫁入りの時も関東のクルーがリレー方式でHINANOと一緒に西下して大村湾のクルーと親交を強めた。
東西のクルーがその後も一緒になってHINANOとクルーズを楽しむ。
こんな事は前代未聞の様な、ヨットの珍事であるらしい。

オーナーが変わればヨットの名前は変わります。
好きな名前を付けて、同じヨットライフを楽しむクルーと共に。
今のオーナー、岡元スキッパーは『風来坊』と名付けたヨットを二代に渡って乗り継いできた。
当然HINANOも、三代目の風来坊と、名を改めるはずでした。

オーナー夫人のお誕生日とオリジナルのHayashi-42ft-cutter艇・HINANOを建造した前オーナーの誕生日が全く一緒。
この不思議を「何かの縁だ。名前を引き継ごう」となって、今日に至るのです。

大村から嫁入りクルーズに付き従ってきた長崎クルーのジャンパーの背中には『風来坊』の名前が記されています。
40ン年間も付き合ってきたヨットの名前、HINANOにも名付けられるはずだった名前です。
20回目のメモリアルレース、本日のKENNOSUKE CUPでは、東西の両クルーが手を取り合って臨みます。
かつてのHINANOを懐かしみ、オレも、ワタシもと押しかけて、東西のベストクルーを編成して挑むことあたわず!
なのですが・・・・・。
その代わり、『遠かったで賞』、『重かったで賞』は獲得でしょう。

レース同日の天候はは土砂降り。ただし、風はHINANO向きです。

                     レース前日のジェノア・ラン
d0007653_7332970.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-05-16 07:34 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21792059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   HINANOの里帰りクルー...      HINANOの里帰りクルーズ ... >>