Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 17日

  HINANOの里帰りクルーズ その15

三浦半島の突先、三崎市の観光スポット・うらり桟橋を占拠してもやう、20艇ものヨットデザイナー林賢之輔艇のつらなりは壮観の一言につきました。
d0007653_1205282.jpg


その沖側、レース艇・Sun of Bacchusに横抱きしてもらったHINANOには、引っ切り無しの来訪者があった。
KENNOSUKE CUPの主催者・林賢之輔御大を筆頭に、「よくきたな~」が連発されます。
遠路はるばる長崎からの750マイル(約1400キロ)の長い里帰りのクルーズをいたわり、大歓迎のことばの砲列です。
それがうらり桟橋に着岸した15日午後3時から、レース後の16日午後10時過ぎまで続いたでしょうか・・・・・。

20回目のメモリアルレースですか?
「この風が吹けば!」と期待が膨らんだ強い風は、レース前日で吹き終わりです。
うらり桟橋に着岸するまでの大島沖のからのクルージングでは、ジェノア一枚だけで8ノットを記録する快走だったのです。
その快速翌日、夜明け前からの豪雨は、スタート5分前の合図が出る頃にはあがった。
しかし、風はサッパリです。
スタート合図の旗が降り、一斉に第1マークへとバウが向く。
HINANOはトップを切った。
d0007653_12115.jpg

そのまま突っ走り、マーク回頭!、の筈だったのですが。
14:30分をリミットとする10:30分からの4時間は相模湾東海域漂いレースの始まりです。
天候は回復したものの風がない。
11トンものクルージング艇・HINANOのグラマラスボディーを走らせるには力が弱過ぎて、タイムリミット寸前にエンジンを始動するD N F (Do Not Finish)が里帰りの終点となってしまった。
完走を果たしたのは軽いレース艇3艇だけ。
外洋クルーズ艇での完走はJACKYただ一艇。
唯一のゴール艇・JACKYは岡元スキッパーの友人で、HINANOの仲人役を務めた村松スキッパーのヨット。
「JACKYだけには負けたくなかった」のですが・・・・・。
村松スキッパーはヨットの国際審判員資格を持つ数少ないヨットマン、長崎ヨット界を育てた恩人でもある。
JACKYも西宮からの里帰りでした。
18日間を掛けた遠征結構がDNF。
これもクルージングです。

d0007653_1251620.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-05-17 12:01 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21795077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< HINANOの里帰りクルーズ ...      HINANOの里帰りクルーズ ... >>