Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 29日

HINANOの里帰り 後半レグその11

広島県尾道市の沖に浮かぶ因島の南に、弓削、生名、佐島、岩城と、四っの島が並んでいます。
”上島(かみしま)四兄弟”の愛称で呼ばれる愛媛県の島、広島の因島vs弓削島間は、大声を出せば話しが通じそうな
距離ですので、てっきり因島と同じ広島に所属するものだとばかり・・・・・。
瀬戸内海に散らばる無数の島々、ことほど左様に所属は難しい。

骨休めの一泊をとった弓削島、すぐそばを尾道市と愛媛の坂出市を結ぶ『しまなみ海道』が通っています。
しかし、大層疲弊した街だな~と感じた。
観光道路から除け者にされている上に、四兄弟間もまだ岩城島が繋がっていなくて、「せめて四兄弟だけは橋で結ばれたい」と思っているのが四島の願いです。
この願い、HINANOクルー六人も、早期実現を願いましたね。
疲弊の極みたいな街なのに、街びとの空気は正反対なねです。
1トン10円の海の駅ポンツーンの繋留代。

スーパーでの買い出し量を見かね、自家用車での配達を買って出た買い物客、何気なく交わす「お早う」、
「今晩は」の島民との挨拶にも、全てに他では感じられない暖かみが有るんです。

ポンツーンの真ん前が上島庁舎弓削役場。
その一階に併設されている居酒屋さん『ととや』と、『町民プラザ』。
島民の憩いの場から『ととや』さんは、両開きのドアを押すか引っ張るだけで繋がるんです。
こんなアットホームな町役場、他にあるんでしょうか?
役場のトイレは一晩中開いて居ますし・・・・・。

一日500円也のレンタル自転車で、三つの島のサイクリング、
d0007653_0183082.jpg
な~にもしないでうたた寝三昧、これだけは全員がしたお洗濯・・・・・。
疲弊はしておりますが、とっても優雅な感じになれる島で日がな一日中・・・・・

京の都がお取り寄せした、藻塩で栄えた平安朝からの歴史を持つ島なのだそうです。
疲弊はしているものの、何処かおっとりしているのは長い長い歴史、その様に感じました。
”とっても”付きの良い島、皆さんそう感じるのでしょう。

使われて居ないフェリー桟橋を含め、繋留出来るヨットは八艇が精一杯の小さなポンツーンですが、
本日28日の繋留艇は5隻。
d0007653_0173454.jpg

素敵な島だと言う事、知られているんですね~。
タモ網で烏賊の掬える島。
夜になると、長いタモを片手のおじさん、おばさんがポンツーンにやってきます。
アオリ烏賊が接岸するんだそうです。

優雅に休んで、明日は04:00分台離岸です。
[PR]

by molamola-manbow | 2015-05-29 00:23 | ヨット


<< HINANOの里帰り 後半レグ...      HINANOの里帰り 後半レグ... >>