Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 01日

HINANOの里帰り後半レグ その14

周防灘と伊予灘に向かい、大分県からお坊さんの頭が突き出ている形の国東半島、その天辺から関門海峡を狙うには、コースはほぼ真北になります。
その関門海峡に10:00分必着が海峡を抜ける必須条件でした。
香々地港発04:45分の早い離岸もこのため。
しかし、風は真上り。
和尚さんの頭の天辺から、まずは首根っこに舳先を向けます。
次はその反対へ、と、何度タックを繰り返したことでしょう。
11:30分、瀬戸内側からの入り口着、2000回転までしかエンジン回転を上げられないHINANO、潮止まりまで待機(実際は向かい潮3ノットで関門海峡突入となりましたが・・・・・)することになりました。
そのタック、タックでコースを外れて走っているHINANOを、遥か後方から追尾してきた船がいます。
d0007653_114361.jpg
マクロ母船の船長をしていた岡元スキッパーの友人、内航船・第八鶴吉丸の船長だ。
神戸から長崎へ。
「コースが同じだから、何処かで出逢うかもね」程度の連絡は取り合ったものの、一番可能性があった高松港沖べは、荷役作業の遅れで出逢えず。
半ば諦めていた海上ミーティングの実現、なかなか有り得る事じゃあ、ありません。
あちらの船長さんも嬉しそうでした。
d0007653_1183034.jpg
名前知らずの港での潮待ち中の出来事。
クルーの一人が調子を悪くして病院へ。
待機中にHINANOに戻りましたのでご心配なく。
d0007653_1181227.jpg

本日、31日の泊地は山口県の日本海側、と言うより巌流島の陸側・彦島のこれまた名前知らずの港。
着岸18:40分ですので、45マイルに14時間と5分を掛けました。
[PR]

by molamola-manbow | 2015-06-01 01:18 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21842231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< HINANOの里帰り 後半レグ...      HINANOの里帰り 後半レグ... >>