Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 02日

HINANOの里帰り 後半レグその15

関門海峡の日本海側出入口、下関市・彦島の西に位置する海図にも記載のない小港が1日の出港地です。
そこの差ほど高くない背景の小山から朝日が顔を出してしばし、05:45分に舳先を響灘へと向けた。
泊地は「いっちゃえ!」と、84マイル西方の平戸までと決めた。
この日の日没時刻は19:24分ですので、HINANOの後方から上がった太陽との競走です。

いい風が貰えれば北東風を背後から受けて、ジェネカー・ランに持ち込める。
期待を込めて、終日ジェネカー・ランで突っ走る事が出来るなら、日没前に滑り込めるかも!
d0007653_23561396.jpg

坂元スキッパー、松尾機関長、船端ボースンによる長崎組ワッチ3時間は、パーツと美しい花が開きました。
しかし、東京組・峰島ボースン、松橋コック長、manbow甲板員にワッチが変わると・・・・・。
ステキな風を貰い、HINANOがフルセールでかっ飛び始めたのは、元寇の役で蒙古軍が神風で、はちゃめちゃになった長崎・鷹島沖あたり。
丁度陽も沈み、勝負が完敗に終わった後でした。
風が真向かいから吹き始めた東京組のワッチでは、汚れたモヤイ・ロープをトモから流して洗濯したり・・・・・。
勝負は午前中についていたのですけどね。
そんな訳で、21:55分平戸港着岸の16時間10分クルーズ。
日はとっぷり暮れても、満月の翌日です。
キラキラと輝く、幻想的な海面とともに、初の夜間着岸には大層助かりました。
d0007653_2357726.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-06-02 06:00 | ヨット


<<   HINANOの里帰り 後半...      HINANOの里帰り後半レグ ... >>