Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 09日

  HINANOの里帰り 番外④

d0007653_9451929.jpg
二枚の写真はKENNOSUKE CUP(5月16日)のスタートです。
ドンピシャリのスタートを切って、参加艇の先頭を切って飛び出しました。
フライングじゃあ御座いません。
諸磯湾のほぼ中央にアンカーをうった左端の本部艇と、岩礁帯の際に浮かぶブイとの直線に沿って静々と進み、号砲とともに飛び出したんです。
でも・・・・・」の瞬間でもありました。
イキナリ風が上がるとか、号砲がアト数秒遅かったら、と思うと肝が冷える思い。
沈み根に乗り上げていたかも知れない際どいタイミングでしたもの!
d0007653_947341.jpg
30余日間のクルーズでは様々なアクシデントが起きました。
ジブ・ハリヤードの切断もそのひとつ。
前触れもなく切れて、ジブセールが暴れ始めた時は事件でした。
しかし、KENNOSUKE CUPのスタートの方がより危険を感じた。
未知の海域の磯際へと、あそこまで突っ込んで行った岡元スキッパーの心境・・・・・。
日々の係留においても、HINANOは厳重に、慎重にと繋がれます。
磯際には絶対に寄らない安全クルーズを心掛けても居る。
それなのにクルーの中から「センチョ~ッ」の悲鳴ともとれる声が起こったシーン。
かく言うmanbowも肝を冷やしました~。
競い合い、コイツの怖いところでしょうか・・・・・?

レースは本部艇サイドからスタートを切った『Sun of Bacchus』、『Jacky』らがいち早く風を貰い、HINANOの好スタートはモノにならなかった。
11トンものグラマラス・ボディーを軽快に疾走させる風、吹いたことが無いのがKENNOSUKE CUPです。
[PR]

by molamola-manbow | 2015-06-09 10:57 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21863091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   HINANOの里帰り 番外⑤        HINANOの里帰り 番外③ >>