Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 20日

  クルーズの拾い物

トビの風切羽であろうと推察している。
真っ黒なカラスの風切羽とほぼ同じ大きさ。
こんなにデカイ羽を持った野鳥、色彩などから考えると他ではワシ、タカの猛禽類ぐらい。
正解は判りませんが、初めての獲物ですので、折れない様に大切に古新聞にくるみ、バックの底に忍ばせて持ち帰った。
スマホの調子がおかしくなって、mailを送るのにも四苦八苦するようになり、blogを1、2本抜かした辺り。
収められた画像の流れからして、拾得羽は山口・尾道、香川・多度津のいずれかだったろうと推察します。
d0007653_9212172.jpg
拾い上げた当時のHINANOには、一番興味を抱きそうな小学校五年生の矢野雅士君が乗艇しておりましたね。
見つかったら、キット「頂戴!」となるに違いない。
興味津々で見つめる小学生を前に、大の大人が拾得物の羽一枚を「イヤダ」とは言えないでしょ。
だから、雅士君には見つからないように気を配って持ち帰りました。
その羽が行方不明になっている。
捨てた覚えはないから、その内出てくるだろうと踏んでおりますが、結構な頻度で見掛けるカラスの羽と比べれば貴重です。
額に飾るなんてことは致しませんし、仔細に眺めて納得すれば、「あげるんだったな~」となる羽ですが・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2015-06-20 10:00 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   U W 1 旗        居る筈なんだが・・・・・ >>