Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 22日

  来年まで持越しだ~

d0007653_74664.jpg
「ことしは豊作かもしれね~」と思いつつイヌマキの実にレンズを向けました。
銀杏同様に雌雄異株の樹木、実の生らない雄株の方が圧倒的ですが、近場に雌株の集団があって、どいつもこいつもタ~クサンの実を付けております。
秋が深まる頃になると、ほのかに甘い葡萄粒程度のコンナ実になる。
垣根などに使われて、そこここで見掛けるイヌマキ。
実が生るなんて知りませんでしたので、味を知って仕舞った昨今は、細長い葉っぱがの密集を見つける毎に首を近づけるようになっている。
そんなこんなですので待ち遠しいのは豊作の秋ですが、「また一年待たねばならね~」と悔やんでもいる。
「どんな花を付けるんだろう?」の疑問、花期を逸してまた一年間を待たねばならない。

思うに零余子の花もかなりの年数を経てから「コレか~」と気付いた。
花が咲き、風や昆虫によって花粉が運ばれて受粉・・・・・。
零余子はそんな順番を踏む実じゃあない。
花が咲く場所と、蔓の分かれ目などにチョコンと乗っかっかる零余子、それぞれは遠く離れていますもの。
つまり、零余子は自然薯の実じゃあ無いってこと。
花の下の三枚羽のスクリュウが実!
d0007653_7515678.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-06-22 09:00 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/21894829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   景気上昇かあ?        U W 1 旗 >>