Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 14日

  接近、11号の浜

入り口を塞ぐ伊豆の大島が砦役を果たして、相模湾に入る波はかなり軽減されて入ってくるな~と思っている。
台風によって高まるうねりの高低、伊豆半島の先っぽとか、東京都の島嶼部で感じるほどの破壊力には、出合ったことが有りません。
四畳半ほどもある大岩が、高さ7、8メートルはあろうかと思う岩場に打ち上がった瞬間を見たことがあるものでして。
伊豆大島の南西海岸、磯釣り場として名高いトーシキ磯の断崖上、「あんな岩、さっきまで無かったぞ!」がデ~ンと
d0007653_7451038.jpg
コチラ(⇧ ⇧)は昨日の真鶴、半島を縦貫する有料道路の小田原側トンネルの入り口近くに、猫の額と呼ぶのもおこがましい程の小さな海岸があります。
磯と磯の隙間に口を開けた石っコロだらけの浜にもかかわらず、いっぱしの名前がついている。
いわく大窪海岸、その岩場に打ち寄せる台風11号の造り出すうねりです。 

d0007653_8202474.jpgここの岩場に巣食う磯蟹さんたち、何時もと違う大波を楽しんでいるとしか思えませんでしたね。
ドッカーンと波が打ち付ける波打ち際からは10メートル近く離れてはいますが、それなりの勢いで波は襲ってきます。
そんな場所に集団で集まって、「今度の波はデカイゾ~」とか、「シッカリ掴まってろ~」とか。
単に「ワ~」とか、「キャ~」とか・・・・・。
そんな感じで騒いでいるように見えましたもので。
幼い蟹さんばかりでしょ。
歳を経て、甲羅を赤く染めた大型の蟹たちは居ないでしょ。
採餌のために集まった様には見えません。

人間社会と同じです。
ジェットコースターのスリルを楽しんだり、ビッグウェーブに挑んだり・・・・・。
波に持って行かれた去年の失敗を糧に、再挑戦の蟹さんも何匹か加わっているに違いない。
五感は鋭くて、皆さんの姿勢は波が襲う瞬間に一斉に低くなって張り付きます。
d0007653_834182.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-07-14 08:28 | 潜り・磯釣り・海


<<   しばらく朝食はスナック        仲間に加わえて貰ったぜい! >>