Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 26日

  もう一度双胴船・KaimiLoa

d0007653_746597.jpg
昭和 1 0 年代のアタマ、 1 9 3 7 年に 1 4 か月を掛けてハワイから喜望峰経由でフランスに渡った双胴船の仔細を知りたくて、パソコンの中を探し回りましたが・・・・・。
残っている写真は全容(⇧ ⇧)、建造中(⇩ ⇩)ぐらいでしかありませんでした。
クルーは二人、スキッパーのエリック・ド・ビショップ・スキッパー(後方)とタティ、それに子犬が一匹、全長 3 9 フィートの艇だったと言うぐらい。
中国・ジャンクに類似の竹骨の帆、かなり大量の竹竿を積み込んでハワイを出帆して行きました。
d0007653_9435611.jpg
                     二艇を横並びにしてくっつけた結合部分がこちら(⇩ ⇩)です。
                      横木三本を使って結合させている様に見えますが・・・・・。
d0007653_853046.jpg
K a i m i L o a のクルー二人は中国で建造したジャンクでハワイに着いた。
というよりも、飢え死に寸前で岩礁に乗り上げる遭難事故からの奇跡的な生還でした。
見知らぬ船で遭難したフランス人、これが大々的なニュースとなります。
おまけに完治すると同時に双胴船の建築を始めて、再び海に戻ろうとしている。
これが関心を呼んで完成に近づくにつれて建造現場に人だかりし始める。
新聞が連日の様に取り上げ始めるの大騒ぎが始まります。
そんな訳で、数々の写真やニュースが残っているものと思ったのですが・・・・・。
凱旋したフランスでも大々的に報じられたのですが・・・・・。

昭和 2 8 年に法政大学出版局から出版された K a i m i L o a の航海記、注釈をもっと増やした再版が出たら、メチャ売れるのじゃあないかな~。
コンナ時代の航海記(⇩ ⇩)、島の名前が当時の呼称と違うのか、地図を探してもそんな島が無かったり、航路を辿るだけでも大変ですが、とっても面白いんです。

                         赤線は日本の委託統治領(除くサイパン)
d0007653_9454731.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-08-26 09:49 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/22072173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   近代の実験クルーズ        双胴船・KaimiLoa >>