Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 08日

  夏の終わりの札幌で

d0007653_9365360.jpg
二つ無きゃあならならね~体内の臓器を、一個切り取っちゃったオトコが友人知人の類いの中に居る。
コヤツ曰く「北海道まで静養に出掛け様と思うんだけど、一緒に行きませんか~?」と。
正常人間じゃあ無くなっちゃって、入院中のベッドの中でイロイロと思うことが有ったらしい。
高校に進学したばかりの一年坊主の夏休み、宮崎・都城から S F を撮りたい一心で周遊券を買って北海道へ。
そんな鉄チャン時代の一人旅を「オイラの一番の思い出」だと言い出した。
泊まる場所を探しあぐねて心細い思いをしていた暮れなずみに、一夜の宿を貸してくれた一家も有ったらしい。
その夕張のオジサンとは、いまだに年賀状のやりとりをしていて、「今年で 9 5 歳になるんだ。一度、逢いに来いと言われてるから出掛けて来ようと」などと。
オマエなあ、毎年の様に北海道には仕事で出掛けているんだろう。
何時でも逢いに行けたじゃあね~か。
なのですけどね、コヤツの高校一年生時代といやあ、 4 0 年も前のこと。
この間、年賀状のやりとりをしていたなんて、コヤツらしくない行為に感じ入っなのでチャチャを入れるのは止めにしてた。

5 0 ン歳と 70ン歳オトコの二人旅 、そんなこんなで実現いたしました。
オイラだって札幌五輪時代に散々お世話になった飲み屋さんとそのカウンターには、ソロソロ別れを告げに訪れてもおかしくない歳ですものね。
その一軒が南 6 条 西 4 丁目の角にある通称・すすきの 0 番地( ⇧ ⇧ )地下の『札ちょん』。
マスター・太田ちゃんが持つマイクが象徴のカラオケバー、歌など歌わないオイラには少々ウルサイのですがご覧の通り気が置けない。
お隣りのオカメちゃんはお店のお客さんですもの。

ココのママさん、体内の臓器を切り取っちゃったオノコ同様に、片っ方のおっぱいを取っちゃって療養中だったのですけどね、お店に出て来てくれました~。
そんな訳で、夫婦そろってパシャリ。
サッちゃんと申します。
オイラが足繁く通ってた頃は、二人との独身だったんですよ。
札幌五輪( 1 9 7 2 年)の時代、こちらも 4 0 ン年も前だから、当たり前か~。
d0007653_1013135.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-09-08 10:14 | 酒・宴会・料理


<<   夏の終わりの札幌で その 2        1 9 7 2 . 2 .... >>