Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 14日

  ツバメが去って、ツバメ浮上

黒潮に乗って日本列島に流れ着く熱帯生まれの海水魚、寒さには勝てなくて冬にはミ~ンナ死んじゃうので〝死滅熱帯魚”などと呼ばれてます。
ソノ死滅するはずの熱帯魚が温暖化によって冬を越せるようになり、日本で産卵するまでになった。

そんな熱帯魚とは逆パターンが、ツバメ達だと思ってる
サッサと南に帰っちゃって、もう、周辺には一羽だっていないでしょ。
暦上の『玄鳥去る』は今週末の 1 8 日、「何時にしようか~」などと〝帰宅”を相談し始めるであろう時期に、もう消えちゃってるんです。

「オヤッ?」と感じたのは札幌に飛んだ先月の 3 1 日でした。
d0007653_9331654.jpgつば九郎率いるスワローズ軍団が、首位タイガースに 2 勝 1 敗と勝ち越して、ゲーム差をグイッと縮めた翌日でしたので、元気のいいツバメの遊泳が見たくて、空を眺めまわしたのですけどね~。.
居なくなって「大丈夫かな~」の心配は無用でしたね。
0 . 5 差ながら現在首位ですもの。

札幌の夜・・・・・。
「もう少し観やすい場所に設置しろよ」と思っちゃう T V の真下から、首を伸ばして放映中の日ハムファイターズに声援を送り続けていたオトコから、誰れはばかることもなく大拍手が起こりました。
「ヨ~シ、ヨシ!」と、押さえた声がカウンターの中からもすかさず飛び出した。
ナガオちゃんの店、『とり長』の夜です。
本拠地を札幌に移して 1 0 余年、道民の〝オラがチーム”になり切った〝ファイターズ”の姿を眺めやり、「踏ん切りをつけていさえすれば、コノ姿はヤクルトであったはずなのに・・・・・」と感じてた。
オラがヤクルト、首都圏じゃあ人気がないからな~。
[PR]

by molamola-manbow | 2015-09-14 09:51 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   オオミズアオの勇者        夏の終わりの札幌で その 6 >>