2015年 11月 06日

  甘柿も干しちゃった

d0007653_7202544.jpg

皮を剥きつつ何時もと感触が違うことに気付いた。
お尻の部分にチョコッと切れ目を入れて、恐る恐るかじってみますと・・・・・。
「ンンッ、アメ~!」
誰一人顧みることのない柿の木から失敬してきた小さな柿色、何時ものヤツとは違うじゃないですか。
ツブは小さいし、甘さランクにも物足りなさはあるものの立派な甘柿です。
ガキ時代であったなら、今頃は大半が摘み取られちゃっているのでしょう。
しかし、昨今はスーパーに行けばデカくて糖度も高い立派なヤツがゴロゴロしてる。
「柿の木には登っちゃあならね~」
オヤジさんや学び舎から、そんな厳命も下っているのかも知れない。
折れ易いものね~柿は。

甘さが少々物足りないのでモノは試しで一緒に吊るしてみた。
下の三個です。
違いは出るのでしょうか?
眺めるだけで渋柿と甘がきを見分けられる違い、有るのかな~?


d0007653_843717.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2015-11-06 08:53 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/22461258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   新焼酎が店頭に並ぶ季節・・・・・        カラスのいたずらカア~ >>