Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 05日

  八丈島のユウレイ釣り

d0007653_10233130.jpg

このワッペン( ⇩ ⇩ )、 S G C と読まれがちですが、 S G K と読むのが正しい。
釣りの同好会・新魚連のワッペンですので、C を倶楽部の訳だと考えていただいても一向に構いません。
でも、『 新宿魚業協同組合連合会 』の略称ですので、仲間のデザイナーの意図はSGKと言うことになる。
新宿の飲み屋街で夜な夜なオダを上げていた呑み助の間から立ち上がった釣りの同好会、行き付けの飲み屋さんがそれそれに違っていたので、そのまとめとして連合の名が付いた。
たちあげてまだ30年にはならないと思いますが、20年はオーバーしているのではないでしょうか。
全盛期には佃島支部とか、相模原支部などもあったのに、現在は総勢四人の小世帯、一人の若手も育てて居ないので、間もなく消滅でしょう。
平均年齢 7 0 才超えの高齢者倶楽部ですによって。
d0007653_11161710.jpg

今回の新春釣行には新宿二丁目とゴールデン街のママさんが「八丈島まで行くのなら私も連れてけ」と名乗りを上げて、ノンクラブ員二人が観光旅行で着いて来た。
「構いませんよ~」と言っておけば、飲み代を安くしてくれるとか、あと後プラスアルファーがあるに違いない。
そんな思惑で O K したに違いない、と思ってる。
で、今回は総勢六人で八丈島へと乗り込むことになりました。
d0007653_10454397.jpg

同行の二人のママさんには何一つ原因はないのですが、出発直前に騒動が持ち上がった。
大晦日の竹芝桟橋、乗船・橘丸に乗り込む直前に新魚連生え抜きのメンバーから「行けない」との連絡が入って、元旦に八丈島・底土港に降り立ったのは五人です。
急性の膵臓炎を起こしての急きょ欠場だと言ってきたのですけど・・・・・。
遅れること僅か二時間でジェット機を使って追い掛けてきやがった。
しかもです。
最初のイチ匹を釣り上げるのに四苦八苦の我々を尻目に、最初の一投で40センチ級を釣り上げやがった。
d0007653_105622100.jpg

釣れ上がる魚はみんなコレ( ⇧ ⇧ )、魚屋さんの店頭では余り見掛けることのないウスバハギ。
写真は新魚連の新年会(10日)用にと持ち帰った獲物、このほかムロアジ多々を宴会用にと冷凍することになりました。

但しです。
出発前に描いていた対象魚はゼロ、狙う予定のメジナ、ブダイ、そしてオオカミ(シマアジの老生魚)、カンパチ等々の青物は・・・・・。
ウスバハギ四匹は全て40 c m オーバー、これに満たないモノは全てリリースしましたから数は出ましたが、我々の間ではウスラバカと呼びならわしているし、地元八丈ではユウレイの呼び名で通っている。
ハギの仲間ですので大層美味なお魚ですが、「八丈島まで来てコレだけではね~」の釣行、退屈はしませんでしたが・・・・・。
上に乗っかってる小魚は、大成すればオオカミと呼名が変わるヤツですけど。


               ハイビスカスに巨大なガジュマロ、都庁から南へ290キロの八丈町は東京都南洋区でした。
d0007653_102847.jpg

d0007653_10282551.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-05 10:47 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/22740336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   カンムリベラ        2015年の目出度い〆 >>