Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 11日

  そして誰のいなくなった・・・・・

         東京・竹芝桟橋から真南に 2 9 0 キロ、伊豆七島の南端まで青物釣りに出て、持ち帰ったのはムロアジとウスバハギ。
                      この二つを肴にした新年会は、久し振りに盛り上がった。
新魚連には無関係な V u n v a l l e y 組から二人の女性が参加するは、お店を新宿三丁目から北関東へと移したヨッチャン店主が顔を出したり・・・・・。
            総勢 1 7 人が小さなテーブルを囲んで、午後の3時から10時過ぎまでオダを上げ続けることになった。
d0007653_9352066.jpg
         テーブルのメインはウスバハギのシャブシャブ、精一杯薄く切ったつもりのウスバハギを、お鍋の中で軽く洗ってパクリ。
               八丈島のベテラン釣り師から、「コイツの喰い方の N O 1 はシャブ」と聞かされたものでして。
                  でも、繊細かつ上品なウスバハギの美味しさに、皆さん感じ入ってくれたかどうか?
                        何を喰らっても食感がマヒ、そんな宴の後半に供されたんだ。
                               「ムカッ!」もありました。
      オイラだけが釣り上げた高級魚・シマアジと、サビキ仕掛けに鈴生りで食らいつく大衆魚・ムロアジを、一緒に盛って出しやがった。
                               二つの魚をゴッチャに盛って!
               「わざわざ八丈まで出掛けて、お目当てのお魚を釣り上げたのは名人・ m a n b o w だけ」
                   などと、散々吹聴した直後に高級魚と大衆魚の山盛りを「ハイ」ですもの。
             そしてダ~レモ居なくなった宵、区別なく旨かったお刺身でしたが、名人への悪意を感じた宵でした。
      一番上に乗っ買ってるのが高級魚、参加者全員に行き当りそうもないので、「喰えたらラッキー」の供し方であったとも言えるけどね。
d0007653_9593328.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-11 10:04 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/22761556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   掘り返してみたいな~        籠清さんの窓 >>