Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 15日

  赤い卵

                        ウズラの卵大、とでも表現すればいいでしょう。
              八丈島の民宿の庭から失敬してきた蘇鉄の実、バッグを逆さまにしましたとこころ転がり出てきた。
                        この時には探しても見つからなかったヤツです。
d0007653_834799.jpg

「釣行から帰って、十日間もバッグをほったらかしだったのかい?」
ではないんですよ。
釣り師の端くれですから帰宅したらすぐに釣り具は真水で洗います。
竿は湯船に一晩つけるとか、水道の蛇口を繋ぎ目に充てて流水を通すとか。
リールもぬるま湯にひたして塩抜きします。
カッパに繋ぎパンツ、その他の汚れ物も、帰宅したその日に洗濯機にぶち込んですぐに天日干し。
「そんなこと当たり前だろう」と言われちゃえばそれまでですがね。
「テニスとか、ゴルフとか、年を取ってからも楽しめるスポーツを選びなさい」
などと助言され、テニスのラケットなど買ってもらった母親の言に逆らって、中学入学と同時に始めたラグビーが関係している後始末です。
毎日ドロンコのスポーツに手を出したことを知られたくなくて、学校から帰ると洗濯機に直行の日々を送って中、高、大学。
友には糸が塩で固まって、リールから糸が出なくなる事故を起こした不届き者もおりますが・・・・・。

そんな訳で、今頃になって何故転がり出て来たのかの方が不思議な出現の仕方で出てきた。
ベランダに出て逆さに振ったらコロッ。
身を乗り出してバッグを振っていたら、六階から真っ逆さまに落ちて、気付かなかったかも知れないんだ。

「表皮がフニャフニャになるまで水に浸けろ」とか、「表面に傷を付けて漬けるように」とか、「イヤイヤ、そのまま土に埋める方がいい」など。
タネから蘇鉄を育てる方法、それぞれ一家言を主張して収拾がつかない。
そんなこんなを試してみるための重要な二個。
発芽まで随分時間が掛かるし、水やりにも神経を使わなければならないようでもある。
暖かい土地には何処でも見掛ける普通の樹木なのに、発芽させるのが難しいらしい。


[PR]

by molamola-manbow | 2016-01-15 10:50 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   人間よりも敏感だね        掘り返してみたいな~ >>