Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 01日

  どんぐりの大木

d0007653_9133082.jpg

手前の住宅は全て二階建てですから背景はかなりの巨木です。
海側は崖でして、真下を東海道線が走り、真鶴駅の保線区は右側になる。
この巨木の脇を通る無舗装の小道で野獣の影を見た。
崖を上がってくると、慌てて藪の中に逃げ込んだケモノの尻尾。
多少はお尻も見えたのだけど、何者であったかは判らない。
全身が見えたとしても言い当てるのは難しい。
時刻は丁度、彼は誰時だったもの。
イノシシの尻尾じゃなかったな~、太い尻尾を持つケモノは・・・・・?
成犬のシバ犬程度であった大きさから▼タヌキに▼キツネに▼ハクビシンを候補に挙げましたが不明です。
巨木が落とすコイツ( ⇩ ⇩ )を漁りに来ていたのだろうと考えている。
今秋は不作ですが、ドングリで埋め尽くされる小道、お隣りの駅にはこんな看板が掛かっていたこともあったから、何が飛び出してもおかしくない。
こちらは豊作の際の小道
d0007653_10114533.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-02-01 10:30 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/22836478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   真冬の下田        鈴生りキンカン >>