Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 19日

  釣れない磯への不安・・・・・

                                               コロダイ
d0007653_8311853.jpg『新宿魚連』の釣友がコノ連休にやってくる。
けしからん野郎どもだと思っている。
真鶴半島の周辺の海にはゴールデンウイーク辺りからほぼ毎週、野郎どもは潜りに来てたんですよ。
三本繋ぎのお揃いの銛を片手に、メジナ、クチジロ、マトウにコロダイを追掛けてた。
戻り際の駄賃としてサザエ、アワビを失敬することもあったけど、「こんな所に張り付いてちゃあ危ないよ」と、銛先で突いて窪みに落としてやってた。

某月某日でした。
水中眼鏡を鼻血で真っ赤にして浮上した"組合員”が出て、以来、脳溢血を怖がって銛漁を止めた。
それはそれでよろしいのですが、真鶴半島は新宿魚連の釣り漁場でもあったのですよ。
                  コショウダイ
d0007653_833053.jpgそれなのに引っ越してからほぼ三年、誰一人訪ねて来やがらなかった。
「この辺りに住んでいれば、退屈はしないだろう」と、毎週、毎月の真鶴詣でを期待してココに住まいを定めたのに・・・・・。

伊豆半島西海岸の八幡野の磯と並んで『磯釣り道場』と呼ばれていた真鶴半島の磯も、今は江の島クラスの釣れない磯になり下がってる。
「釣れない磯から糸を垂れたって・・・・・」の野郎どもの気持ちも判らないでもない。
そんな相模湾の西端での釣り、土産を持たせて帰すにはカサゴとウツボぐらいしかないんですよね~。
良く知った磯だから軽装で来る筈だし、ウツボの旨さにも気づいていますが、調理の面倒なウツボを持って帰るだろうか?
「穴場」なんて探してない、と言うより、竿を出してない磯はもう無いんだ。
[PR]

by molamola-manbow | 2016-03-19 08:52 | 潜り・磯釣り・海


<<   啓蟄明け最初の虫 、そしてお魚        T U N A M I >>