Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 17日

  いい風が吹いた

2 0 と 1 回目の K E N N O S U K E  C U P が 1 4 日、城ケ島沖で開かれた。
レースを終えて三崎港の『観光桟橋』に帰って来た参加艇を、うらりの二階屋上から撮った、 2 時半を回った辺りのショットです。
終日、ステキな風が吹いたって~ことです。
d0007653_5343229.jpg

2 0 年間の『 K E N N O S U K E C U P 』で、ただの一度もなかったこと、それは"雪中レースでしょうか。
日本列島にはまだ何処にも梅雨前線が乗っかっていない、薫風かおる季節の開催です。
雪に見舞われるなどと言うことは考えなくてよろしいのかも知れない。
しかし、良い風と良い浪に恵まれてレースが盛り上がることも数えるほどでしかなかったのが『 K E N N O S U K E C U P 』です。
レース中に風がやみまして参加艇すべてが波間を漂い始める。
ソンナ波間に、親しい付き合いを続けるスキッパー同士の携帯電話が流れ始めます。
「〇〇艇はリタイア電話を入れるらしい。そっちはどうする~?」
「アト1マイル陸に近づけさえすれば吹きおろしの風を捕まえられる。もう少し我慢してみるよ」な~んて会話が流れる。
表彰式を兼ねたアフターファンクションの時刻は決まっている。
だから我慢にもタイムリミットがあって、「ヨ~シ、エンジン始動!」となっちゃうケースが多いのですが・・・・・。


下田湾口をスタートに、神子元島~豊根を回る三角コースで争われた2009年のレース以来だと言えそうな素敵な風が吹いたようです。
「吹いたよ~、10ノットは常時出ていたね」とは、『ジャッキー』の村松哲太郎 スキッパー(⇩ ⇩)。
「去年のレースでコノ風が吹いて呉れれば・・・・・・」と、長崎の海に浮かぶ『 H I N A N O 』の事が頭をよぎった。

「間に合わないと思ったらサッサとエンジン掛けて帰ってこい。『 K E N N O S U K E C U P 』はこれからが本番、そいつに遅れてどうする!」とか、「レースは一年中何処かでやってる。いつでも出られるんだ。年に一回のアフターレースファンクションに遅れてどうする!」などと・・・・・。
林賢之輔御大の暴言に等しい言葉に接する機会は減ったけど、レースだけでは艇と艇、クルーとクルーの潮っぽい関係は育たない。

d0007653_1054695.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-05-17 10:51 | ヨット


<<   b l o g 休止はこれ...        73フィートのヨットは陸に... >>