Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 26日

  豊作予感の人形の実

d0007653_7512422.jpg
秋になると真っ赤になって、完熟してくると紫色に変わります。
待ち針の頭程度のツブツブも、葡萄ぐらいに育って食い頃を迎えます。
初めて食らったのは野生の鹿が住人を追い出しちゃった島、長崎県五島列島の野崎島でした。
以来、大のお気に入りになった。
飛びっきりの旨さを持つ実だと言う訳じゃあない。
喰らうと食中毒を起こす毒持ちの部分と、果実部分が対になった形状の面白さ。
お気に入りには、コノ形状の妙もあるのでしょう。
正確に述べるなら、待ち針の頭には毒があって、これから育つその下の部分が果実!
コケシさながらの形から、九州では『人形の実』と呼ばれているイムマキの、豊作を予感させる幼生達です。

「どの様な花が咲くのだろう?」と、今年は早春から観察しておりました。
枝から待ち針の頭ほどの小さなツブツブが飛び出してきた際は、コレが花だろうと。
しかし、そのツブツブは実として育ち始めた。
雌雄異株の実を付けない雄株には、花とおぼしき房状(⇩ ⇩)が出来たのですが・・・・・。
どの様な受粉をして実を付けるのでしょう?
同じ雌雄異株の銀杏は、雄、雌共に花を付けるのに・・・・・。
d0007653_8343290.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-06-26 09:23 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   ランデブーは死語となり、デ...        起き抜けの夏のお仕事 >>