Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 30日

  百合じゃあなくてノカンゾウ(野萱草)と言うらしい

d0007653_915331.jpg

東海道線の路肩を覆う雑草の中に一叢の黄色が混ざっていた。
あちらに数本、そこにも、こちらにもで、その数 1 0 本ほど。
百合だと思ってカメラを向けたのですが、思わぬ拾い物をすることとなった。
『ノカンゾウ』(野萱草)だと言うのです。
若葉も花の蕾も食用になるんだそうです。
線路と並行に国道135号線が走っていて、「オマエら制限速度を守っているか~?」と考えるほどにビュンビュン飛ばします。
排気ガスで一杯の道路脇ですので、どんなに旨い食材でも、利尿剤だといっても採取したりはしませんが、百合ではないことに驚いた。

中国では野菜として栽培され、青い蕾の他に若葉も食べるらしい。
鉄分とビタミンA、Bに優れ、上品な甘みがある。
乾燥させても喰らうらしい。
炒め物にお浸し、その他なんでもござれの野菜は、紀伊国屋などでも売られているんだとか。
以上は中國留学の経験を持つ連れ合いの知識、金針菜(きんしんさい)と言われている。
「利尿効果がある」と、漢方の世界では言われている。
そのうちに「アレ採ってこい」になるかも知れないのだけど・・・・・。
d0007653_9153166.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-06-30 09:22 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   二百年越えの歴史        梅雨の珍現象 >>