Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 13日

  芽が出ない

d0007653_9335945.jpg
金魚鉢の四隅に収まるのは蘇鉄の実、ゴールデンウイークに八丈島から持ち帰った。
同じ実を神津島から持ち帰り、芽をふかせて鉢植えにした釣友が居りまして、「それならオイラも」と、同じように水に浸け置いている。
釣り人曰く、「ブヨブヨになった赤い皮が破けて、実の天辺から二本の細い緑が顔を出す」
続けて曰くの「そうなるまでには結構時間が掛かるよ」の、その二倍ぐらいは浸けているのに、全く変化がありません。
「ダメだったか~」と捨てたゴミ箱で芽を出したら困るので、もうしばらくはこのままで置こうと思うのですが・・・・・。

柳田国男と島崎藤村の、深い友情から生まれた『椰子の実』の詩( ⇩ ⇩ )。
金魚鉢の蘇鉄にも、オイラ達の深い絆を込めようと思っているのですが、ソノ芽さえも育たない。
何処に行っても釣果も上がらない。

                       名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ
                         故郷の岸を離れて 汝はそも波に幾月
                   旧(もと)の木は生(お)いや茂れる 枝はなお影をやなせる
                      我もまた渚を枕 孤身(ひとりみ)の 浮寝の旅ぞ

                        実をとりて胸にあつれば 新たなり流離の憂
                      海の日の沈むを見れば 激(たぎ)り落つ異郷の涙
                     思いやる八重の汐々 いずれの日にか故国(くに)に帰らん

d0007653_927684.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-07-13 09:27 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23291864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   真鶴の逢魔が時        良くご無事で・・・・・の葡萄 >>