Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 14日

  真鶴の逢魔が時

d0007653_5365641.jpg
午後の 6 時を回ると、真鶴は何処に居ようと太鼓の音から逃げられなくなる。
風向きによっては別々の太鼓を左耳と右耳の二方向から聞くことになります。
今月に入ってからの日々、最初はとっても耳障りな音に過ぎなかったのに、最近は音が揃い始めた。
d0007653_7264679.jpg左耳と右耳から入る別々の太鼓までシンフォニーするようになっているんだ。
その音の正体が、コレ( ⇧ ⇧ )であり、コイツ( ⇨ ⇨ )です。

神奈川県で二番目の小さな地方自治体・真鶴町が一年で一番賑わう貴船祭り( 2 7 、 2 8 日)まであと二週間です。
彼女に彼等のお仕事は、お祭りの始まりを知らせて町内を回るお囃し役に過ぎませんが、お祭りは菅原道真公が都でお仕事をしていた寛平年間( 8 8 9 年~ 8 9 8 年)の始まり。
祭りのオフレに現在は過ぎませんが、国指定の重要無形民俗文化財の継承者なんだ。
夕日が西に傾いた 6 時ジャストから、練習に二時間を充てる日々を続けている。

太鼓の音がピタリと合って、逢魔が時の魔モノも逃げだし、祭りを前に町は平穏です。



[PR]

by molamola-manbow | 2016-07-14 10:04 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23294364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   コレ、な~んだ?        芽が出ない >>