Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 22日

  四国から鳥島への漂流実験

K E N N O S U K E C U P のグループ・メールで「コンナのをやるよ~」とお知らせ。
海の日の T V 番組( ⇩ ⇩ )です。
黒潮の流れにヨットを委ねて、四国沖から伊豆諸島の南端に位置する無人の島・鳥島へ。
漂流実験を行った俳優・池内博之のドキュメントです。
B S 放送なんて滅多に観ませんから、知らせには大いに助かりました。
漂流敢行は 5 月中旬の出来たてのホヤホヤ映像 !
d0007653_72644.jpg
行き先を決めておいてソコに辿り着く。
「そんなの漂流じゃあね~」ので、歯痒く、かったるいアドベンチャー番組でしたが、 T V 画面に思わず身を乗り出しちゃったシーンもありました。
コックピットに集まっていたクルーの真ん中に、息も絶え絶えの状態でツバメが一羽、落ちてきたシーンです。
弱り果てて飛び去ることも出来ず、クルーが手に取っても動こうとしません。

ニュージーランドで建造され、大勢のクルーによって日本に回航してきた42フィート・クルーザー H I N A N O の最初の国内クルーズのターゲットはトカラ列島でした。
その最中にも同じことが起こった。
ラットを握っていた腕にツバメです。
d0007653_1081191.jpg上空からヨロヨロと落ちて来て、しがみつくようにして止まったのです。
強面のヨッちゃんがよ~、腕を硬直させちゃって、な~にも出来ね~のよ」

飛行術にかけては鳥類の中でもトップクラスだと思っておりましたが、渡りの最中の小集団と海の上で出合ってから、認識を改めた。
「日本には草臥れ果ててヘトヘト状態でたどり着くんだ」ということを。
池内博之さんが鳥島に到着する前に、日本への再飛行のためにツバメは消えましたが、命がけで渡ってくるツバメの実像をTV 画面で見たことになります。
比べて昨今の人間のツバメさんに対する仕打ちは冷たい。
軒端に巣を作ろうとしても、すぐに打ち壊しちゃう。
銀座のツバメ、歌に歌われたのに見掛けないもの。
とんでもない益鳥なのにね~。

手元にこんな本(⇨ ⇨)があります。
手をつけていたら、書き方もかわったでしょうが・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2016-07-22 10:21 | ヨット


<<   今夏の天気図        お気の入りの美男地蔵 >>