Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 09日

  珍  客

前方に突き出した二本の触覚を除くと、何処から見てもトンボです。
デッカイ複眼も、透き通った網目模様の翅脈(しみゃく)が通る羽も、胴体の縞模様だって!
こんな珍種に出合えるから、マンション六階の解放廊下の早朝探索は止められない。
常夜灯に集まる昆虫類の種類は、ひところに比べますと、数も種類も落ちましたが、時折りコンナのに出合えるんだもの。

良く分からない種であるようですよ。
触覚を角に見立て、相称してツノトンボ( w i k i p e d i a )と称しておりますが、分類学上はアミメカゲロウ目の仲間だとあります。
トンボ目とアミメカゲロウ目は別物でしょう?の違い。
飛翔する小昆虫を捉えて餌とするトンボに、触覚などが必要でしょうか?
触って確かめて居たりしてたら、餌は逃げ出しちゃうんんじゃあない?
こんな疑問を持っちゃう生き物です。

d0007653_7232398.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-08-09 09:57 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   リトグラファー・久我通世          今回だけは手順が狂った >>