Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 07日

  ひなの会

「観に行くんだろう?、それなら集まろうよ」の一言で決まりました。
「その日は都合が悪い」ヒトもおいででしたが、彼等は除け者です。
オイラも 乗船の都合がつかずにこんなシーンを見損なったことがある。
「観に行くんだろう?」の問い掛けはリトグラファー久我通世女史の個展であり、ついでの集まりは『ひなの会』開催の呼び掛けです。
4 2 f t クルーザー『 H i n a n o 』で海を楽しんできたクルーの集まりが『ひなの会』、久我女史は『 H i n a n o 』のオーナー夫人と言う間柄ですので、個展の会期中にクルーが集まるのは理に適った催しなんだ。
クルージングだって都合がつかずに"置いてけ堀"を喰らうクルーは何時だって現れるものね。
d0007653_5343325.jpg
オーナーの急死以来、『 H i n a n o 』のクルーは漂流状態で広大な海を漂い続けています。
ヨットとの縁は『 O m O O 』とか、 K E N N O S U K E C U P の常連艇・『 L E A T I C I A Ⅲ 』などのクルーとなって、相変わらず楽しんではいます。
『 H i n a n o 』の新オーナーからも、西国・長崎から「オーイ、乗りに来ないか~」とお呼びが掛かって、五島や甑島クルーズに誘ってくれますし。
しかし、顔を合わせる機会は少なくなって、半減上陸ならぬ全舷上陸となると・・・・・。
そんな訳で久し振りのクルーの会は盛り上がって「年寄りばかりになったから、 2 0 時をおひらきのメドにしよう」の決め事などはどこ吹く風でした。
盛り上がった勢いで、二次会へと消えた一団まで出ましたもの。

4 2 ft 艇『 H i n a n o 』の船名の謂われ、ハワイに到着する頃には『真っ白な可愛い花を付ける植物の名前』に変化しますが、ミクロネシアでは『可愛い女』の事を指していた。

久我通世女史の今回のリトグラファー展(銀座・伊東屋=15日まで)は、題材を海に取った『 M y   O c e a n  W o r l d 』。
その作品の中に浜辺に横たわる『タヒチの女』(⇩ ⇩)がありました。
これこそが「ひなのチャン」、ヨットの名前の大元です。
d0007653_10172664.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-09-07 10:48 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23471949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   竹細工師の遺品展        気付くと夏の主役に変化 >>