2016年 09月 19日

  三年もたず・・・・・

小田原駅前に『 H a R u N e 小田原』なる地下街があります。
名前を公募で選んだ地下街です。
前身の『小田原駅前地下街』( ’ 7 6 年~ 2 0 0 2 年)の閉鎖、次の『ラスカ小田原』( 2 0 0 3 年~ 2 0 0 7 年)も閑古鳥が鳴き始めてまた潰れた。
そんなこんなで、ネーミングには「小田原の地下に深く根を張って、繁栄を続けてもらいたい」の願いが込もります。
再、再、再オープン( 2 0 1 4 年 1 1 月)の地下街ですもの。

しかしです。
早くもコンナお店(⇩ ⇩)が現れました。
駅へと続くエスカレーターの直ぐ横のスペイン料理店がシャッターを下ろしてしまったのです。
地下街ではコレが二店目の閉店、最初にシャッターを下ろした"小田原の小物店"は、すぐに立ち飲みコーヒー店に変わりましたが、今度の代わりはなかなか見つからないようです。
「模様替えでもするのかな~」と思いつつ前を通っていたのに、工事が始める訳でもないしに間もなく一カ月ですもの。
何時もお客さんで賑わうお店もない訳じゃあない。
でも、「次の閉店候補はココかも、イヤイヤ、あちらかも」のお店の方が目に付く。
ロータリーをグルリと回らずとも、駅の向こうへと渡れるので、「通路として利用しておいでの方が多いのですが~」の地下、小田原では一等地にあるのに・・・・・?
今回つぶれたスペイン料理店は、オイラが入ったことのある地下で唯一の店なんです。
味に不満があった訳じゃあ無いし、価格にも問題はなかった。
でも、二度目の入店をしなかったのはなぜだろう?
d0007653_9563646.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-09-19 10:07 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23497837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   久々の籠清さん        真夜中の侵入者 >>