Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 26日

  忠実に季節を守る花ですよね~

「歌えるのは何故だろう?」と、不思議でならないのは次の曲、一番だけですが歌詞もスラスラッと口から出ます。

    赤い花なら 曼珠沙華
       阿蘭陀屋敷に 雨が降る
    濡れて泣いてる じゃがたらお春
       未練な出船の あゝ鐘が鳴る ララ鐘が鳴る

昭和 1 3 年( 1 9 3 8 年)に出来た歌、 m a n b o w の誕生前だし、 T V から流れ出ることもないのに何故か歌えるんです。

もうひとつ、遥か彼方の山裾まで一直線に畦道が続いていて、その畔を赤く彩る光景を車窓から眺めた記憶があるのにどこの光景だったのかが分からない。
畦道を真っ赤な列で彩っていたのも曼珠沙華のナガ~イ列でした。
黄金色には少々早いものの、首を垂れた稲穂とのコントラストを美しいと思って眺めた。
でも、コチラの記憶も至極曖昧で、何処で眺めた光景なのか?、鉄路は何線だったのか?、大雑把な地方さえも出て来ません。

「毒があるから喰らっちゃあならね~」とガキ時代に注意されたポキ~ンと折れる真っ直ぐな茎部分にも「本当かな~」の未練がある。
「アノ口当たりはサラダにしたら抜群の旨さに違いない」。
忠告を忠実に守って、一度も口にしたことは御座いませんが・・・・・。

d0007653_646448.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-09-26 09:45 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   栗拾い        『 残したい技、ひき継ぎた... >>