Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 13日

  カナブンが消えた

d0007653_1202693.jpg
解放廊下の常夜灯に集まってきていた昆虫類の姿が消えました。
真鶴の道端でコイツに出合ってから、「もう一度生きたヤロウと出会いたい」と願った解放路下の見回りも、今年は終わりであるらしい。
カブト虫の飛来は雌雄合わせて10匹前後、玉虫に似た光を放つカナブンなどは、日々20匹近くが飛来しておりましたが、タマムシとの出会いは来年以降にお預けです。

平成の何年であったか?
七世紀の国宝・『玉虫厨子』の再制作に乗り出した工芸作家が、全国の小中学生に呼びかけてタマムシ集めのムーブメントを起こしたことがありました。
玉虫厨子を飾るタマムシの羽が経年劣化して、無残な状態にあったのがレプリカ作りの背景でした。
全国から集まったこの際のタマムシの数 3 6 , 0 0 0 匹強であったらしい。

死骸には二年前に出合っておりますので、死に絶えちゃった訳じゃあないようですが、全国に呼び掛けてひと夏に 3 万匹もを集めた行為の正当性には疑問が湧きます。
3 0 ン年も前に叫び声を上げなければならない行為ですがね。

日々集まって来ていたコイツらの将来は大丈夫でしょうか(⇩ ⇩)・・・・・・?

d0007653_11365750.jpgd0007653_11443526.jpg

d0007653_1152097.jpgd0007653_11533812.jpg
d0007653_127722.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-10-13 11:59 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23549217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   冒険者たち        セイタカアワダチソウ >>