Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 22日

  小田原の街中散歩

昭和30年代に入って、路面電車の廃止が各地で相次ぎました。
湯治客を熱海に運ぶための『豆相人車鉄道』なども走っていた小田原の市電も昭和 3 1 年に廃線です。
宿場町として発展した小田原の旧の繁華街の寂れようを見るにつけ、「市電廃止に地団駄を踏んでおいでの方は多いハズ」だと推理します。
かつては『小田原銀座』と言われた通りの寂れよう、小田我駅とは目と鼻みたいな近距離なのに、シャッター商店街化しちまってるし、かつての『カマボコ通り』だって人が歩いていないんだもの。
そんな通りを「現代人は歩かなくなったな~」と思いつつ散策した。
d0007653_1012990.jpgビルの階段にしつらえられたこちらの"自転車ハンガー"(⇨ ⇨)は、グッドアイデアだね。
放置自転車だらけの街中の解決策になるかも、と思ってカメラに収めた。
車道に放置しておいても通りにくさはにはさほどの影響はない寂れ様ですが、壁のハンガーを手前に引いて、ヒョイと掛けて置けるとは・・・・・。

『お堀端通り』ではこんな光景(⇩ ⇩)も見掛けた。
この通りは小田原駅からのお城への最短ルートにあるので観光客は大勢が通ります。
飲み物補充にコインを投じる方もかなりおいでだと考えますが、誤って、あるいはイタズラ目的で「隣に捨てちゃう方だって」と想像しちゃうところにポストですものね。

d0007653_10414513.jpg
小田原城のお堀には小グループの鴨の類いが飛来してきておりました。
安全を確証しているようで、人間を全く恐れません。
幼児期を過ごした鹿児島では、遠くに人の影を見つけると、コイツらはすぐさま大空に飛び立った。
しばらく、鴨鍋、雉鍋のご馳走を喰らっておりません。
肉に食い込んだ散弾の鉛と歯が、ガツッと衝突することが時折りあって・・・・・。
d0007653_10555019.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-10-22 10:56 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23567664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   ハゼの試し釣り        ウルメイワシ?   >>