Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 12日

  お猿の社会の二つの群れ  

小田原市の住宅街に、お猿さんの襲来が続いているらしい。
2 0 頭( S 群 )ほどが山から集団で降りて来て、ベランダを伝い歩くは屋根に登るは、歯を向いて威嚇を繰り返すはで、 T V に取り上げられる騒ぎとなっている。
もちろん、農作物を食い荒らして山へと戻る行為を、日々繰り返している。
神奈川県の西の外れの猿には二つの群れがいて、早川を渡った根府川、真鶴近辺の群れは、 4 0 頭を数えて H 群 と呼ばれているらしい。
コンナ看板がぶら下がっていた根府川駅から、看板が撤去されたのは二年前辺りでした。
こちらの群れのボス( H 群 )は引き際を承知しているのかも知れません。
ボスは群れに命じて駅への出入りを禁止しちゃいましたし、集団行動にも規範を設けたとしか考えられません。
東海道線の線路を越えた真鶴港近辺でさえも目撃情報は絶えませんが、全てが群れじゃあなくて単独で出没する。
コノお猿さんだって、単独行でしたよ。

頭数が揃うと、気がデカクなって通行人に喧嘩を吹っ掛けたり、凄んだり、数を頼りのいじめに走ったり・・・・・。
人間だって同じことをやっておいでだから、H 群のボスは団体で人間社会に降りて行くのは止めさせて暴走を封じた。

周辺の山野は、外れ年の柿以外は栗もドングリもタ~クサンの実を付けましたし、放置農園の柑橘類も無花果も取り放題状態です。
人里に降りて来なくても何ら問題のない環境なのに、摩擦を起こし続けるS群と、ルールを設けて人間社会との接触を単独にとどめた H 群、トランプさんと会わせたいのはH群のリーダーだね。
d0007653_9172278.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2016-11-12 11:00 | 今度は地元真鶴


<<   いつ頃からだろう?        野の厄介者 >>