Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 19日

  居酒屋メニュー

d0007653_7355967.jpg

カウンター席と厨房を分かつ壁のメニューを仰ぎ見て、すぐさまコイツを注文した。
「喰らいたいものだ」と、 b l o g で述べたばかりですからね。
何時見ても粒揃いの大きさには驚かされます。
「どうせなら獲りたての不揃いなツブツブを」と思っちゃう。
自然薯作りの農家では、コイツを種として使って栽培するようですよ。
パッカーンと二つに割れる雨どい風の容器を横に這わせ、この中に根を這わせる栽培法だから、根っ子の収穫は容易です。
かつての自然薯掘りは、ボートのオール型をした独特な形の鍬を背負子の中に突き刺して山に入り、一本一本を丁寧に掘り出してた。
途中で折れちゃうと商品価値が落ちるから、根に沿って慎重に縦穴を掘り進む重労働でした。
メニューの零余子は雨どい型自然薯栽培の普及による副産物ですね。
新宿伊勢丹の地下でコイツが販売されていることを知った際は驚きましたが、"雨どい栽培"で大量に採れるとあって納得でした。

それにしても零余子の新メニューにはお眼に掛からない。
飲み屋さんでは茹でて荒塩パラリが通例だし、家庭では炊き込みご飯と決まっている。
時に油で揚げたりのしますけど、変わった食い方にはお眼に掛からない。
蔓から摘み取って口に放り込む生食だって美味しいのに、一向に料理人がチャレンジしない食品のひとつです。

昨今では『エアーポテト』とか、『宇宙芋』と呼ばれることもあるらしいと最近聞いた。
コレ、方言とは異なるから、『零余子』は全国共通の名前であるらしい。
いい面構えをしてるから、地方それぞれで名前が変わってもいいはずなのに・・・・・。
この事も珍の部類に入ります。
[PR]

by molamola-manbow | 2016-11-19 10:06 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23626410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   20日 05:2 5        荒井( 実継 )城址公園 >>