Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 22日

  漁師を対象とした釣りの指南書

d0007653_811528.jpg
釣り具のシマノが発刊している季刊誌『 F i s h i n g  C a f e 』からの複写です。
漁師さんの漁具、漁法を全国規模で調べ上げ、解説まで加えた指導書、明治 1 9 年( 1 8 8 6 年)という発刊年にも驚きました。
伝統工芸の世界では、いまだに脈々と受け継がれる秘伝が有るのかも知れません。
父子相伝とか、一家相伝の言葉で言い表わされる秘密の技のことです。
漁師さんの技も親から子へ、子から孫へと、外部には洩らさないで代々伝えられて行くものだと思い込んでおりました。
漁師さんの口、けっこう堅くって、質問にはなかなか応えて呉れないもの。
ソイツを 1 0 年間を掛けて調査し、地域毎に異なる釣り技、網漁の道具と使い方を水産庁が一冊にまとめた本です。
発刊年から数えて一世紀半、本が話題になった事は一度もありませんが、日本の漁業に対する貢献度は計り知れなかったろうと想像します。

昭和54年にアテネ書房から復刻本が出たらしい。
神田の古本街を探せば、見つかる可能性は十分な復刻時期です。









[PR]

by molamola-manbow | 2016-12-22 09:43 | 潜り・磯釣り・海


<<   仕上がった        『 のん 』ちゃん   >>