Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 24日

  仕上がった

今月の頭に皮むきを済ませた甲州は白川郷の百目柿が食い頃を迎えた。
人それぞれで好みは違い、柔らかいのが良かったり、硬さを好んだり・・・・・。
「もう食えるかな?」の段階から試食を繰り返しておりますが、喰い頃の判断は難しい。
何時喰らっても、「旨い!」の一言に尽きるので、左程重要だとは思いませんが、やはり食い頃のベストだけは知りたい。
d0007653_8502146.jpg

コノ二つ( ⇧ ⇧ )、違いがありますよね。
何方を美味しそうに感じるでしょうか・・・・・?
左はヘタ(蔕)側を持って、頂上部分に刃を当ててグルグルグルと柿を回しながら剥いてったヤツ。
皮剥きは途中でチョチョ切っちゃうことなく剥ける腕へと成長しておりますので、大半はコノ方法を使いました。
右側は頂上部分からヘタ側に向かって皮を縦に剥いたヤツ。
百目柿を箱買いした白川郷の道の駅で、農家のおかみさんとおぼしき販売員が、この方法で剥いておりましたので、真似をして何個かを仕上げた。
「な~るほど、仕上がりが美しいんだ~」の剥き方でしたね。
同時に切り口でもってイロイロな形を浮き出すことも出来そうだと感じた。
顔の形だとか、 L O V E なんて文字を浮き出させる。
百目柿はデッカイから簡単に書けそうです。






[PR]

by molamola-manbow | 2016-12-24 09:51 | ホビー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23737649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   マンドリンの演奏会        漁師を対象とした釣りの指南書 >>