Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 11日

  小田原城とカラス  

d0007653_9543573.jpg
太陽は箱根の外輪山の向こうに落ちて、小田原城が茜色の空に影絵となって浮かぶ頃、しばし、空を仰いで佇みます。
昨夕は倍率の高いカメラを持参していたこともあって 1 5 分ほども待ち続けたしょうか。
でも、始まらなかった
おおよその時刻は 1 6 時 5 0 分辺りから。
お城の方向に向かって頭の上を飛び去って行く 小さなカラスの群れが途切れるまで。
少なく見積もっても 5 0 0 羽以上がお城に向かって飛んで行ったと思いますが・・・・・。

引っ越したばかりのアパート、目覚めるとコツコツと窓を叩く音がするんだと言います。
ビックリ仰天、そっと細目に窓を開けると、首を傾げてこっちを見つめるカラスと目が合う。
新住人は咄嗟に考えます。
「前の住人が慣らしたに違いない」と。
同じように餌をやり続けて、カラスと大の仲良しになって行くお話し、何処かで聞いたことありませんか?

産卵期に路を歩いておりますと、後ろから襲われたりしまして、その都度、「オイラは危険人物じゃあね~よ」と言い聞かせるのですが、カラスに好かれたことは一度もない。
「せめて、大集会だけでも撮らせてくれよ~」なのですよ。
真っ黒け~の愛想無し。
でも頭は良いんですよね~。
巣に向かって石を投げたガキ時代の事は、もう忘れてほしいのですが・・・・・。
一度も小石の届かない、タカ~イ処の巣だったじゃあないか・・・・・。









[PR]

by molamola-manbow | 2017-01-11 11:09 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   八丈島釣行のケチの付け始め...        つるし雛 >>