Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 31日

  4 月上旬の陽気

d0007653_8583220.jpg

暖気の塊が列島を覆って、四月上旬の陽気に包まれた昨日、毎日新聞の夕刊は文京区の湯島天神の梅で季節外れの温かさを表した。
その生地を読んで日本語のニュアンスって難しいな~。
『 梅ほころぶ 』の見出しと写真を見比べた時の感想です。
「どうして桜は咲くで、梅はほころぶと表現するの?」
こんな疑問をパソコン上で読んだ記憶もあって、「そうかな~?、何方にも両方を使うだろう」と考えたことが頭にあったに違いない。
固い表情を見せてギュッと結ばれていた蕾が緩んで、淡いピンク色をかすかにのぞかせた状態、コイツが『ほころぶ』だろう、などと考えちゃって。
つまり、写真はほころんでから「何日経ってんだい?」の状態、本文にはほころぶなんて表現は使っていない記事ですけど・・・・・。

こちら( ⇩ ⇩ )は成人の日( 9 日)の直後に撮った真鶴の梅林( ⇩ ⇩ )、季節は 2 週間ほど早く巡って来るね。
以下の記事も何処かで読んだ。
今年の桜前線は目立たなくて、九州、四国、関西、東海、それに南関東の桜が、一斉に咲き出す( 3 / 3 1 )予想であるらしいこと。
地球の温暖化が進んで、四季の区分は乱れ始めてます。
d0007653_101448.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-01-31 10:15


<<   季節の歩みが早過ぎて・・・・・         木製キノコ >>