Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 21日

  根 府 川 の 海

d0007653_8275049.jpg
20メートル越の烈風が吹き荒れた昨日の春の嵐にも耐えた。
同じ角度からの十日前のショットと、ほとんど変わらないんだもの(⇧ ⇧)。
東伊豆河津では桜祭りの真っ最中です。
その河津桜の亜種であろう熱海桜は葉桜期に入っちゃったに違いない。
散り始めていた箱根は・・・・・?
と、周辺の早咲き桜を心配しちゃう。

全国の山野を席捲したソメイヨシノは、おばあちゃんの原宿こと、巣鴨・染井村の植木職人さんがつくり出した園芸種ですよね。
今やポトマック河畔にまで勢力を広げちゃいました。
周辺の早咲きサクラで素性が割れているのは大島桜と彼岸桜を掛け合わせた河津桜だけ。
日本一の早咲き記録( 1 2 月 2 6 日に開花)を持つ熱海も、早川沿いの箱根も、地名を名前にして呼んでいるに過ぎない。
そんな中で独自の名前を付けたのは根府川だ。
どの様な経緯かは知りませんが街をサクラで埋め尽くして『おかめ桜の里』のしようと奮闘努力中なのです。
名前のおかめ桜は①熱海②箱根③河津ときて④、⑤が無くて⑥根府川と、早咲き桜の中での順番はゆっくりですが、満開期に周辺はミ~ンナ葉桜期に入る。
そこんところを狙ったのかもしれない。
周辺を流れているのは白糸川で、根府川などと言う川は無い土地なのに、その無い川を駅名にしちゃった土地です。
『おかめ桜』だって変わってますね~。

2 0 0 0 年代に入って亡くなった茨木のり子がナガ~イ詩を残している。
車窓からの根府川の光景と己の青春時代を奪った太平洋戦争を重ねて詠んだ、『根府川の海』です。

                                根府川
                               東海道の小駅
                            赤いカンナの咲いている駅
                              たっぷり栄養のある
                              大きな花の向こうに
                          いつもまっさおな海がひろがっていた

                                        と詠んでゆきます。
                                        赤いカンナの駅だったのに・・・・・
[PR]

by molamola-manbow | 2017-02-21 11:22


<<   海の上に建つ駅        口 開 け 客として >>