2017年 03月 18日

  自 然 農 園

d0007653_84489.jpg
            伸び放題、開き放題のコイツら、宅地造成馳なのか、放置農場なのかが分からない傾斜地の一角で見つけた。
            3 ~ 4 メートル四方の一角から空地の中心部に向かって勢力を拡大中でして、落葉のそこここからニョキッ。
   「雪を割って芽を出すのだから、年明け早々には偵察しなければ」と考えたり、美味しい天婦羅屋さんを見つけた気持ちになったり・・・・・。
      「茎だって食えるんだよな~」とも考えましたが、丁寧に皮を剥かされたガキ時代のお袋の命令が頭を過ぎって手折るのは止めた。
                    年明け早々じゃあ遅いかもしれないので、暮れに見回った方がいいかも。
                空地の中心に向かって匍匐前進中の奴らの最前線から、超の字付の新鮮なヤツを頂こう。
                        三月半ばにして、鬼が大笑いの来年の事が頭の大半を占めた。

                             苦味と香気、やはり最初は天婦羅だな。
d0007653_844266.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-03-18 09:25 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/23986072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   1 0 0 m じ ゃ あ...        蟷 螂 の 卵 鞘 >>