Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 13日

  リ ン ゴ と フ ク ロ ウ

十和田湖の南に位置する秋田・大湯温泉で十日ほどを過ごしたことがある。
その学生時代から半世紀、この温泉の所在地を青森だと勘違いしておりました。
帰途は十和田湖~奥入瀬渓谷経由で青森に出た。
このルートが印象的であったに違いない。
もぎ立てのリンゴを食わされて、「夏の盛りに収穫とは・・・・・」と、旨さとともに驚ろいたことも勘違いの裏側でしょう。
品種によって 8 月~ 1 2 月と収穫期が違うらしいのです。

その青森のリンゴ畑には春になると山からフクロウが降りて来て、古木のウロで巣作りを始めるのが習わしだったらしい。
「また来てくれたか」とリンゴ農家もフクロウを歓迎して大切に扱った。
こんな話を新聞( 1 2 日の毎日夕刊)で読んで、「ウソつけ」と一蹴された大湯温泉~青森間のバスの中を思い出した。
「アッ、フクロウ」と車窓から指さして隣りの席を突っ突いたものの、オイラだって自信があったわけじゃあなかった。
半世紀後に「あの時、ウソは付かなかった」と電話したって、些細なことを覚えちゃあいないはずだし・・・・・。
d0007653_2244399.jpg
収穫量の落ちた古木を切り倒して若木と入れ替える。
リンゴの木の新旧交代が進んでフクロウの巣作りが減って、野ネズミの爆発的な増加になったと言うのが記事の内容でした。
子育て期間の 5 か月間にフクロウが捕食する野ネズミは 1 家族平均 1 , 0 0 0 匹以上。
リンゴ被害の方は計算されてはおりませんでしたが、根を食いちぎる、表皮を傷めて収穫を落とすなど、果実の被害を除いても甚大らしい。
そこで『フクロウはリンゴのシンボル』運動を始めて巣箱でフクロウを呼び戻そうと。
大人も子供もフクロウは一日に野ネズミ 1 . 7 匹を捕食する計算だから、運動への期待はデカイ。

『バスの窓から指さした飛翔姿、アイツは絶対にフクロウだ ! !』。
コイツも言いたいことのひとつだね。
d0007653_12551536.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2017-04-13 12:37 | 犬・猫・蛙に動植物


<<   早 期 の キ ス 釣 り        四 月 に ・・・・・ 雪 ? >>