Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 28日

  祭りの後の虚脱感

d0007653_21192332.jpgd0007653_21194991.jpg d0007653_2121116.jpg









気象予報とは、どうしてこうも嘘つきなのでしょう。
レース二日前(25日)に出した決戦当日(27日)の予想気象図を右上に掲載して置きましたけど、縦縞の等圧線が込み合う谷間に日本列島は挟まれていて、確かに荒れ模様になりそうな雲行きだということを示しています。 この予想図から、次のような天気予想が出たのです。
相模湾は温暖前線の前面で、南東、ないし南風が徐々に強まり、Max15メートルの強風となる。天候は雨・・・・・と。

d0007653_2122349.jpgでも、ご覧下さい、三葉の写真を
①本部艇への出艇申告
②スタート直後
③スタート1時間後、『Hinano』と併走する『あうん』 (→ →)
Max15m/sの強風下のレースの筈が、湖面の様な静けさです。
ヨーイ、ドン!はしたものの、風速2メートルのスタート(午前930分)では、各艇停まったように見える迫力のなさ!! ではございませんか。
タイムリミット(午後5時)までに、ゴールまでたどり着けるだろうか、このことを真っ先に心配しなければならないレースになってしまいました。

残り16マイル(約30キロ)の地点で、『Hinano』はリタイアを申告しました。
時に1245分、ファーストリタイア賞を狙っての早期離脱でしたが、上には上が居りました。
参加艇の中で一番でかい60フィートの『翔鴎(かもめとぶ)』、1142分には機走に移りました。
42フィート、12トンのグラマラスな『Hinano』と、ほぼ同等の大きさの艇は全艇離脱し、総括としては軽量のレース艇の独壇場。
リタイア時の『Hinano』の位置は、先行艇6隻を視認下にする7番手、さほど悪い位置にいたとは思えませんが、トップグループは遥か彼方に霞んでいました。
ことしもまた、『Hinano』に風は吹きません。
と、技量の未熟さを棚に挙げた、これが結論!!!!!!!

Kennosuke Class
  優 勝 『ジャッキー』(HAYASHI395)  5時間4511
  2 位 『第一花丸』(HAYASHI34)     5時間4812
  3 位 『あうん』(HAYASHI990)     7時間2619

Fellow Class
  優 勝 『レティシアⅢ』(デュフォー39)   5時間1210
  2 位 『あいおい』(YAMAHA31)      5時間4647
  3 位 『San of Bucchus』(YANAHA33) 5時間5242
First Home
        『レティシアⅢ 』 










             
[PR]

by molamola-manbow | 2006-05-28 21:03 | ヨット


<< 越(コシ)じる      出陣 >>