Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 24日

フェルト展

『太田有紀ハンドメイドフェルト展』が東京・銀座で始まる。
  ▼期日  8月29日(火)~9月3日(日)
  ▼会場  ギャラリー『S.c.o.t.t』 (銀座7-7-1、幸伸ビルB-1)
  ▼電話  03-3573-3733
d0007653_22551255.jpg
むかし、ラグビーの公式ジャージーは純毛でした。
どんなに大きく、余裕を持たせて作っても、洗濯を繰り返すことで縮み、少々大袈裟に述べるならフェルト状となる。
着るのにも脱ぐのにも一苦労しなければならなかった。
大きく作るから最初はブカブカ、その後は縮んでツンツルテン。
中学、高校、大学と十年間ラグビーを楽しんだけれど、ジャージーがからだにピッタリだった記憶がない。
ブカブカから次第次第に縮んで行くのだから、その課程でベストサイズとなることもあった筈なのに・・・・・。
そんな訳で、フェルトには良い印象を持ってなかった。
彼女・太田有紀さんの作品を観るまで。
フェルトが面白い素材だということを知る。
どんな形にでも成形できること。
発色が綺麗で、自由に染められること。
屋根、壁、敷物・・・・、小屋だって作れること・・・・・。

生成りの淡く、暖かい色使いが太田有紀さんのブランド『NICO』の特徴だ。
[PR]

by molamola-manbow | 2006-08-24 22:56 | ホビー | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/3637629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つーせ at 2006-08-25 09:21 x
そうです、モンゴルのゲルはフエルトです。羊の毛をたたいて、たたいて作るのです。南米インデイオの帽子も、生活の知恵でしょうね。
ラグビーの公式ジャージーが純毛だったってゆーのは知りませんでしたが。タイヘンでしたね~。
manbowさんはなんだか、身体を痛めつけるのがお好きなような!?!  (^_^;)
Commented by こーちゃん at 2006-08-25 09:28 x
僕たちの山梨の友人にもフェルト作家がいますがフェルトって何でも出来ちゃうんですね!染色も動物繊維なので綺麗に発色するみたい。
彼女はデッカイキャンバス作品も作りますが小物も創っています。時々冬連れ合いがオシャレする時かぶっている帽子がそうです。
フエルトの小屋づくりはモンゴルで出会いました。沢山の人達で羊の毛を棒でトントン叩いていました。一式購入出来る値段なんですが止めときました。この小屋は日本の気候に合わないみたい・・・知人が日本に持ってきたけどカビ対策のためビニールで覆っていました、これじゃフエルトの通気性の良さがなくなってしまう!
太田有紀さんの作品綺麗ですね。インドリンゴ(懐かしい言い方、今は青リンゴと言うのかな)の色も形も。
Commented by suppin子 at 2006-08-25 11:28 x
フェルトといえばどっしり重たいイメージですが、
この方のデザインはとてもすっきりさわやかな印象をうけますね。
ご本人もきっと素敵な方なんでしょうね…
Commented by IH at 2006-08-25 23:00 x
フェルトって優秀なんですね。形が変化して、そして、肌触りもやさしい。
昔フェルトで、アップリケ創った事があります。太田さんのような裏打ちの作品は創った事ないけど、家庭科の時間に唯一褒められたのが、フェルト作品だったのを思い出しました。

今日の風は秋のにおい
フェルトからも秋と冬のにおい
季節が進みますね。
Commented by mryoko at 2006-08-26 08:06 x
昔T・Vで毛糸を袋に配色良く並べ石鹸水を少し流し込み形がくずれないよう叩いたりしてしばらくそのままにしてちじんだら水洗いをしてコ-スターなど作っていたのを思い出しました。
Commented by molamola-manbow at 2006-08-26 08:12
羊飼いがフェルトのマントをテントとして用い、極寒の夜を過ごす。
そんな映像、観たことあるなあ。あれってルーマニアだったか、ギリシャだったか・・・・・??
Commented by molamola-manbow at 2006-08-26 08:27
suppin子さん、新宿のozoneで年に一度、クラフトマン&レディーが集合して出店を出す催しが開かれます。
簡単な審査がありますけど、素人でも店が出せるんですよ。
suppin子さんなら即出店だろうなあ。
太田有紀さんとも、ここで出会いました。
Commented by molamola-manbow at 2006-08-26 08:30
今日の風は秋のにおい
フェルトからも秋と冬のにおい・・・・
乙女だということ、再認識しましたよ、IHちゃん!!
Commented by molamola-manbow at 2006-08-26 08:41
Mr Yokoさん、石鹸水に浸して、手もみしながら仕上げるんですよね。
ほかに先が鉤状の特殊な針を使ってチクチク刺しながら繊維をからめて行くニードルフェルトもあるらしい。
つーせさん&こーちゃん曰くの叩いて仕上げるヤツも。
Commented by NICO at 2006-08-28 22:43 x
manbowさん、ありがとうございます!
作品展をご紹介いただいたNICOのYukiです。
フェルトは作る過程もとても面白いです。
ふわふわの大量の原毛が薄いフェルトになる過程は
大変ですが、これぞ手作り!といった感じで、出来上がったものは
とてもいとおしくなります。




Commented by molamola-manbow at 2006-08-29 13:38
Yukiさん、個展には伺うつもり。成功を祈ります!


<< 豚海豚の S y n c h ...        亀の子束子で悶絶! >>