Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 30日

  銀ブラなしの銀ブラ

太田有紀さんの『フェルト展』を観に行こうと、ショートパンツから長ズボンに履き替えた。
たったこれだけで、ドドーッと汗が出てきて、あわてて扇風機の正面へ。
きょうはことのほか残暑が厳しい。
しばらくじーっと風にあたっていたのだけど、汗は引きそうもないので、またショーツに履き替えてしまった。
「きょうは止めとこう」と決めて、玄関のドアを開ける前に挫折、・・・・・・したのが昨日のお話し
d0007653_172705.jpg
で、一日経った本当のきょう(三十日)、日差しが蔭って、その分だけ凌ぎやすくなったので、銀座まで出掛けてきた。
七丁目に用事があるのに、銀座線の新橋では降りずに、一つ先まで。
都心は久しぶりだから、銀ブラがしたかった訳です。
でも、ウインドウショッピングなどしながら、銀座をブラブラすることを銀ブラと称したのではないようですね、本来は!
明治の末、当時のモダンボーイ、北原白秋、高村光太郎、吉井勇らが「どうだい、きょうは銀ブラする?」などと言ってたのは、銀座のカフェーでブラジルコーヒーを飲むこと。
これが語源であるといいます。
一杯三銭だったようですよ。

d0007653_16452092.jpgそうでした、太田有紀さんのハンドメイドフェルト展でした。
小さなギャラリーに、可愛く、カワイク、そしていかにもあったかそうに、手製のフェルトの小物が飾られていました。
「こんなのを作って下さい」な~んて、図を描いて怪しい注文までしてきちゃいました。
「できましたよ~」の連絡がきたら、blogにアップするつもりですが、それまでは内緒にしときまっす。
帰りは有楽町から丸の内線で。
飲み屋のオープンまでには四時間強。
そんなには時間は潰せないので、"ワタシの新宿"を、なななんと、素通りです。
昨日の挫折といい今日の新宿素通りといい歳を取ったということですね~。
                                                         ソニービルの水槽(⇧ ⇧)
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            

明治時代のモボたち、北原さんや高村さんの味わったコーヒーは、ブレンドではなくて本当にブラジル・サントスの単品だったのでしょうか
ちょっと疑問ですね。

コーヒーの値段は
   明治後期(1910 年~)   3
   大正後期(1921 年~)  10
   昭和20年(1945 年)    5
   東京五輪 (1964 年)   80
   札幌五輪 (1972 年)  150
現在わたしは日に一度、自宅近くのEXCELSIORで『本日のコーヒー、ミディアムサイズ』を飲んでいる。
値段は300 円。
ベラボーに高いコーヒーを飲まされたのは銀座7丁目あたりにあった美人喫茶。
『マグノリア』とか『カトリーヌ』とか、そんな名前の店だったけど、一杯700 円もとられた。
1950 年代の半ば、まだ高校生だったから、随分ませてたことになる。
夏休みの民宿一泊の値段と、ほぼ同じ。
スッゲーと、換算してみて今さらながら仰天!!である。
                                     コーヒーの値段調べは『値段の風俗史』(週刊朝日編)。
[PR]

by molamola-manbow | 2006-08-30 17:07 | ホビー


<< 欲張りは命を滅ぼす      豚海豚の S y n c h ... >>