Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 16日

船のドッグ入りは人間ドッグより先輩だ~!

ドッグ入りする『Hinano』に付き添って、房総・富浦港から三浦の油壺まで、東京湾を横断してきました。
もう十一月も半ば過ぎですから、小春日和とは言わないのでしょうけれど、一枚脱ぎ、二枚脱ぎ、とうとう長袖の下着にライフジャケットという軽装へ。
それでも何の違和感も無いポカポカ陽気ですから、ちょっと異常です。
d0007653_07699.jpg
d0007653_21552879.jpg油壺に入港した『Hinano』は主治医の手で直ちに揚陸されました。
水中を走る二本のレールに乗っかっている船台の上にヨットを導き、ヨットと船台の間に木製の楔を打ち込みながら引き上げてゆく熟練のワザは、何度見ても飽きません。
この『油壺ボートサービス』の揚陸用のスロープは、第二次世界大戦で特殊潜水艇が使用していたものを、そのまま転用しているんだそうです。
深い木々に覆われた崖下には、通称人間魚雷を隠した洞窟が今も口を開けています。
母港・富浦で『Hinano』をガードして呉れている大房岬にも同じ用途に使った洞窟があります。
あれからまだ六十年ほど、決して遠い過去ではありません。
d0007653_004391.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2006-11-16 22:01 | ヨット | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/4195776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 月波 at 2006-11-17 16:43 x
小航海を終えた後のキムタラなべ美味しかったです。 タラでなくカワハギを使っていたらもっと旨かったのかなあ。
Commented by molamola-manbow at 2006-11-18 08:12
鍋料理に最適な韓国のお餅、煮込んでも崩れないのはナゼでしょうね。
すっかりトックのファンになっちゃいました。
Commented by 三等クルー at 2006-11-18 13:11 x
小春日和のセーリング後、油壺でのキムタラナベ、いいですね~、平和で (^_^)

人間魚雷洞窟が同じ目的で使われることはないでしょうけど・・・・・。
指先一本で始まるボタンなにやらは、マッピラゴメン (>_<)

心地よい潮風思い浮かべつつ、次回のセーリングを楽しみに (^_^)v
Commented by HINANO艇長 at 2006-11-18 15:17 x
皆様回航ありがとう!
艇長は前日24時間起きていて当日は10時間ほど爆睡、再び昨日は24時間起きていてゴチャゴチャと動き回り久しぶりに新宿ゴールデン街に始発まで・・・少し自宅で休みこれから車で再びABS行きです。
1日48時間ペースもいいかも!
Commented by antsuan at 2006-11-18 23:17
「舵」の今月号に確かこの油壷ボートサービスの事が書いてありました。
ひなのって、こうしてみると意外にスマートなんですね。
Commented by molamola-manbow at 2006-11-19 13:34
antsuanさん、HINANOは美しい船ですよ~。
いま、林賢之輔さん設計のHINANOの妹たちが続々と誕生していて、近々クルーの一人は名古屋から沼津まで、新艇『福丸』の回航を手伝います。


<< Five Oceans      ネズ公騒動 >>