Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 03日

道草クルーズ三日間!

d0007653_18204368.jpg
三浦半島の突先・油壺湾で『Hinano』のもやいが解かれたのは、先月二十九日の早朝、八時半をほんの少し廻った頃(↑↑)でしたでしょうか。
目指すは東京湾口の対岸、房総半島の富浦港です。
のんびり走って三時間ほど、風に恵まれれば二時間で着いてしまう距離です。
そのおよそ15海里を、『Hinano』は道草に道草を重ねて三日間を掛けるクルーズにしてしまいました。
d0007653_1244824.jpg林賢之輔さん設計による42フィートのセーリングクルーザー『Hinano』は、96年三月、オークランド(NZ)のリガード造船所で進水しました。
つまり、誕生して十一年目に入ったことになります。
齢を重ねますと不具合も出てきます。
特に電気系統に故障が生じ始めたのでドッグ入りし、今回はリハビリを終えて母港に帰るためのクルーズでした。
船底もついでに塗り直しましたからピッカピカ(←←)、滑るように走ります。
どうも、この滑るように走る気持のよさが良くなかったようなのです。
道草クルーズは、こんな風に進行して行きました。                         
乗員はたった二人、オーナースキッパーとmanbowです。
「走るね~。この走り、Hinanoもこのまま直接帰りたがっていないね」d0007653_12185562.jpg
 
「うん、もっと走りたいようだね」
「風も富浦には向いていないね~」
「うん、富浦には向いていない。保田方向を向いている」
で、『Hinano』は舳先の向きを保田へと修正。
夕日(→→)を保田のポンツーンで眺めることになっちゃったのです。
内緒話をしますとね。
「燃料満タン、清水満タン、このまま小笠原までだって走れる」
などとスキッパーは言い出したんですよ。
manbowが「外せない用事が二日にあるから」と言い出さなかったら・・・・・。
d0007653_1228534.jpg
d0007653_12291637.jpg保田には漁協経営の『ばんやの湯』という温泉があります。
生憎従業員の慰安旅行にぶつかって温泉がお休みだったので、「湯につからぬまま帰れるか~!」と息巻いてもう一泊。
保田の初日はホウボウ鍋(↑↑)に舌鼓、二日目は漁師さんから太刀魚(←←)の差し入れを頂いて刺身と塩焼きに。
そのほか定置網で揚がったミミ烏賊?ダツ、マゴチ、小鯵(いずれも美味)などなどを、地付きのトンビ、カモメ、カラスと競争で拾い集めて食卓へ。
そうやって食い繋いだ三日間でもありました。
d0007653_1310370.jpg










二十九日午前八時半に油壺を発ち、千葉・富浦港への回航を始めて、任務終了は師走初日の日の出直後(→→)。
直線距離15海里(1海里は1,852m)に、三日間を掛ける回航任務、無事終了で~す。



d0007653_20413336.jpg
出港前夜、『Hinano』には美女の訪問もありました。
深夜の湘南シーサイドラインを突っ走り、足をなくしたmanbowを藤沢から送ってくれたY子ちゃんです。
彼女はmanbowの最も古いガールフレンド。
なにしろ、彼女が小学校に上る前からの知り合いですから、連れ合いよりも古いし、なが~い。
うーん、あの頃はmanbowもハナの青春二十代。
モテタな~、今でもだけど!!
と言うことにしておこう。
[PR]

by molamola-manbow | 2006-12-03 10:58 | ヨット


<< 荒磯に潜むホワイトボースのしぶき      五年と五ヶ月の禁煙が解けて >>