Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 16日

銀座へGO! 画廊へGO!

キュビズムに走る前の作品、と言ってもいつ頃の作だか判りませんけど、パブロ・ピカソの風景画を見て、ついつい叫んじゃったことがあります。
「こんな上手なのに、何故に訳の判らない絵を描くんだ」と。
そんな絵画音痴の m a n b o w が褒めたって、贔屓の引き倒しになる恐れがありますけれど、キュビズムなどという訳の判らないモノ(ゴメンなさい)とは違います。
丁度十日後、二十六日から銀座・和光裏のギャラリー・オカベで始まるリトグラフ作家『久我通世展』(四月七日まで)です。
テーマを決めて二年に一度、作品を発表していて、今回スポットを当てたのはスペインのアンダルシア地方です。
d0007653_1183593.jpg
ついつい、河馬とか犀の頭部を想像しちゃうイベリア半島の、そのまた最南部に位置するアンダルシア地方は、ヨーロッパに属しながら、ヨーロッパとは異なる文化のスペインの中でも、更に独特ですよね。
風景が違う、人情が違う、空気が違う。
フラメンコ発祥の地、アレ、ヨーロッパの踊りじゃないですよ、曲も
宮殿ひとつ、アルハンブラを取り上げただけでも、北アフリカであり、アラブですよね~。
そんな独特の風景が楽しみです。

詳しくはこちら、http://members.jcom.home.ne.jp/tsuse/をクリック。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-03-16 10:49 | カテゴリー外


<< 二年ぶりの宴      週末の主役 >>