Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 21日

Manbowの群れ

d0007653_857856.jpg
手紙は中学時代に年賀状、暑中見舞さえ書くことを止めてから、滅多に出さないのだけど、その最後のところに朱肉でペタッと。 
それだけで葉書きが引き立つ様な気がするのは、錯覚だろうか。d0007653_9554465.jpg
これもそのペタッのひとつ、マンボウのゴム印を貰った。 
浮かんでいるヨットも、もらい物。
椰子の葉陰に、これまたプレゼントされた水兵さんを立たせてもよかったのだけど、しつこくなりそうなので止めた。

去年の春、東京湾を油壺から富浦に横断する途中、イルカ六百頭の群れ に遭遇した三人の幸運児(オヤジにオバンだけど)がいる。
イルカもさることながら、マンボウの群れにも会いたい。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-03-21 09:51 | ホビー | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/5000361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つーせ at 2007-03-21 15:07 x
50,60は洟垂れ小僧、オジンもオバンも洟垂れ小僧の幸運児!!
・・・・ところで、マンボウって「群れ」てるんでしょうか?
たったひとり?一頭?一匹?一枚?でぽっかりいるような気がしますが?
会いたいもんですね~、大海原で!!
Commented by molamola-manbow at 2007-03-21 17:32
通常は単独で行動することが多いようですが、3000メートルも潜るほどのしたたか者。ジャンプまでして3メートルほども跳ぶらしいですよ。
何のためかといいますと、水面に叩き落ちて、その衝撃で寄生虫(3000メートルの潜りに付き合うこちらも凄い)を落としているらしい。
水面に寝そべって海鳥にも突つかれる。
群れをなすのはこの様な時らしいですよ。
数匹がダラ~ツと寝そべって、アホウドリかなんかに按摩して貰うわけです。ネールサロンとか、アロマテラピーですね。
マンボウにも評判のサロンがあるわけです。


Commented by mintogreen at 2007-03-21 21:34
きゃはは、manbowさんにも行きつけのサロンがあるのかな~。(笑)

「今日のマニキュア、何色にしようっかなっと♪」

なんてこと、あるはずありませんよね。^^
Commented by molamola-manbow at 2007-03-25 08:26
mintogreenさん、海の中には『ホンソメワケべラ』などという掃除屋がいて、そこに魚たちは通ってくる。同じ掃除屋でも、人気ランキングがあるようです。
同じ生き物ですから、上手い下手があって、当然ですよね。
気立てが良くて、客あしらいがうまい。美人なら、なおさらですね、アハハ。
Commented by suppin-kan at 2007-04-01 16:24 x
も…もしや、田丸印房のマンボウちゃんですね〜?
とってもいいですねえ〜
Commented by molamola-manbow at 2007-04-01 21:34
さすがsuppinkoさん!
手作りのゴム印見ましたよ。文字のバランスに舌を巻くばかりです。何たって反対に彫るの難しいものな~!


<<   二隻のエンデバー号      オモロイ写真 >>