Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 21日

  KENNOSUKE CUP 2007

d0007653_10241837.jpg
我々の42ftのクルーザー『Hinano』艇、それはそれはた~くさんの賞を頂きました。
何がって、相模湾で行われた十九日のKENNOSUKE CUPレース(参加十四艇)です。
d0007653_10451963.jpg三浦半島の突先、小網代湾沖からヨーイドン、伊豆半島の首根っこ・伊東沖の手石島付近に張られた架空テープを目指すワンウェイ帆走28ML(約54k)です。
実はレース前日、船を房総・富浦から三浦半島の油壺に回航する際に、吉兆がありました。
ゴールデンウイークに東京湾を渡って富浦まで帆走してきた『しおかぜ』のantsuanさん。
HINANO』を訪れて、プレゼントを置いて帰られていたんです。
気が付くとラット(舵)の前にビニールの袋に包まれてチョコ~ンと。
女性陣が奪うようにして頂きました、有難うございます。
ゴム草履をかたどった可愛いストラップです。
幸先を暗示する賞だと思いません
レース前に思い掛けない賞を頂いちゃったのですから
d0007653_11125844.jpg他の賞を順不同で披露しますと、こんなでした。
参加艇最大の合計十二人が乗艇したことへのご褒美として▼重かったで賞です。
定員一杯でのレース参加は初めてのことですが、ご覧下さい(⇨ ⇨)ごった返しています。
次の賞は親分・林賢之輔氏の趣味に相違ないと想像しています。
四人もの女性が乗艇していたことで▼さぞや五月蝿かったで賞なんてえのも・・・・・。
クルーに二十六歳と二十一歳の姉弟が乗っていて、▼最年少クルー賞にも該当です。
賞はもうひとつありましたけど、どのような名称の賞だったのか・・・・・。
確か▼缶ビール一ダースが付いていたことを覚えているんですが・・・・・。  
そうそう、肝心の成績はと言うと、総合六位、KANNOSUKE部門四位でした。
ここでも表彰を受けましたから、賞は合計五つです。
優勝した60ftの『喜久洋』よりも、二位の『第一花丸』よりも、参加艇の何処よりも貰ったモノ多かったですね。 
大きな声で報告したくはありませんけれど・・・・・。
d0007653_1110729.jpg
レースを終えてゴールに到着した直後の『HINANO』は、難民船(↑↑)さながらの満艦飾です。
寒冷前線の通過にともなって、レース当日は突風、落雷、高波、雹(ヒョウ)を伴う降雨と、何でもありの予想だったのです。
幸いなことに、雹もカミナリも降雨も外れて呉れましたけど、13メートルの強風と高波を頭からかぶって、パンツの中までビッショリです。
おまけに風がゴールから吹いてくる真昇りのレースになりましたから、タックに次ぐタック、風を背負って向かってくる性悪波に叩かれ叩かれの悪戦苦闘です。 
伊豆航路の高速船が高波に突っ込んでケガ人二十七人を出した当日でしたもの。
HINANO』もジブの縁の部分を裂き(→→)、荒天の中でインナージブと付け替える余計な作業をしなければならなかったのです。
そんな強風ビュウビュウの海上に、帯状の無風帯が出来るのですから自然は不思議です。
Hinano』はこの無風帯に掴まり、舵が利かずに20分ほど潮に押されて逆戻り。
舳先を油壺に向けてしまいました。
こいつに一時間も掴まった艇もあり、素早く横切った艇も出て、無風帯が勝負の分岐点になりました。
一、二、三位と六位の『Hinano』。
林賢之輔親分設計艇が総合上位を独占したのは、荒天に強い林艇の安全性を物語るものでしょうか。
レース前日の富浦からの回航時は、海がもっと荒れましたから、『Hinano』は二日間濡れネズミ。
ま、降雨時の帆走よりは嫌ではないけれど。
[PR]

by molamola-manbow | 2007-05-21 08:13 | ヨット


<< この印籠が目に入らぬか~!      週末のヨットレースにはボロ布持って >>